トップ > ポイント3:保険金・給付金の内容や受取れる場合・受取れない場合を確認しましょう > 1.主な保険金

主な保険金・給付金の内容
〜事例:受取れる場合・受取れない場合〜

  • 主な保険金・給付金の内容と保険金等を受取れる場合、受取れない場合の代表的な事例を参考としてあげています。生命保険会社・商品や加入の時期によって取扱いが異なる場合がありますので、詳細につきましては、必ず契約している生命保険会社に問い合わせてください。

1.主な保険金

(1)死亡保険金

<被保険者が死亡した場合に受取れる保険金>



A
受取れる場合 受取れない場合

 契約前に「血圧が高いこと」について告知書で正しく告知して加入し、その1年後に「高血圧」を原因とする「脳卒中」で死亡した場合。

 契約前の「慢性C型肝炎」での通院について、告知書で正しく告知せず加入し、その1年後に「慢性C型肝炎」を原因とする「肝がん」で死亡した場合。

※「受取れない場合」は告知義務違反により契約が解除された場合の事例です。


(2)災害死亡保険金

<被保険者が不慮の事故または所定の感染症により死亡した場合に受取れる保険金>

〜「不慮の事故」とは急激かつ偶発的な外来の事故をいいます〜



B
受取れる場合 受取れない場合

 運転中に信号無視の車に衝突され、死亡した場合。

 被保険者が、危険であることを認識できる状況で高速道路を逆走して対向車と衝突し、死亡した場合。

※「受取れない場合」は免責事由(重大な過失)に該当する場合の事例です。


(3)高度障害保険金

<被保険者が所定の高度障害状態になった場合に受取れる保険金>



C
受取れる場合 受取れない場合

 契約後の事故による負傷で両眼の損傷が激しく、両眼球摘出手術を行う等回復の見込みがない場合。

 契約後に網膜剥離で矯正視力が左右ともに0.02以下になったが、回復の見込みがあって治療を続けている場合。

※「受取れない場合」は所定の高度障害状態に該当しない場合の事例です。


(4)特定疾病保険金(三大疾病保険金)

<被保険者ががん(所定の悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病により所定の状態に該当した場合に受取れる保険金>



D
受取れる場合 受取れない場合

 契約後に「胃がん」の診断にて手術を受け、病理組織診断により、生まれて初めて所定の悪性新生物であると診断確定された場合。

 契約後に「子宮頸がん」の診断を受け、病理組織診断により、上皮内がんと診断確定された場合。

※「受取れない場合」の上皮内がんは所定の悪性新生物に該当しないので、受取りの対象外です。


(5)リビング・ニーズ特約保険金

<被保険者が余命6カ月以内と診断されるときに死亡保険金の全部または一部を受取れる保険金>



E
受取れる場合 受取れない場合

 リビング・ニーズ特約保険金の請求時に、日本で一般に認められた医療による治療を行っても、余命6カ月以内と判断されている場合。

 3年前に脳梗塞で医師から余命6カ月以内と判断されたが、その後回復し、請求する時点では余命6カ月以内と判断されていない場合。

※「受取れない場合」は請求時に被保険者が余命6カ月以内と判断されていないので、受取りの対象外です。


(6)疾病障害保険金

<被保険者が疾病により所定の身体障害の状態になった場合に受取れる保険金>



F
受取れる場合 受取れない場合

 契約後に発症した糖尿病性腎症から「慢性腎不全」が進行し、腎臓の機能を全く永久に失った状態となり、人工透析治療を受けた場合。

 「糖尿病」と診断され、血糖値上昇を抑制するためにインスリン治療を受けたが、合併症を原因とする所定の障害状態にない場合。

※「受取れない場合」は所定の身体障害の状態に該当しない場合の事例です。


ページトップへ