―要約―

生活者のIT活用が消費行動の高度化に与える影響

原田 裕介

ITが急速に普及して行くに従い、IT革命の波はビジネスから生活者へと押し寄せている。IT活用のインパクトは、生活者の生活レベルの向上にどのように寄与しているのだろうか。

消費行動の際にITを活用することは、商品選択の比較検討時間を大幅に短縮させることが明らかになった。また、オーダーメイドの商品や価格の高い商品では、比較検討商品数も拡大した。IT活用が生活者の消費行動の高度化に寄与していることが、定量的に明らかにされた。

生活者は、商品特性により、消費行動時に求めるニーズが異なることも明らかになった。生活者の消費行動時のニーズ構造を理解したうえで、商品特性に合わせた効果的なIT活用環境を生活者に提供していくことが求められる。

Copyright (C) 2016 JILI. All rights reserved.