生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険判例集第18巻

この判例集は平成18年分の判決121件を掲載したものです。
〔頒価10,000円(税込)924頁(B5判並製)〕
今回も引き続き、東京大学山下友信教授に監修をいただき、判決文全文とともに、その判示事項と当該判決を紹介、掲載している専門誌・研究論文をあわせて掲載しております。


インターネットでのお申し込みはこちら

FAX・郵送でのお申し込みはこちら(新規ウィンドウに表示)


本判例集の特長

特長

  1. 掲載判決多数…公式判例集、判例掲載誌等に未掲載の判決文も多数掲載
  2. 明解な判示事項…判決文の趣旨など、理解に役立つ、わかりやすい判示事項を掲載
  3. 文献情報充実…判例研究等掲載誌について、誌名、号数、該当ページを記載
  4. 事項索引付き…既発行巻に遡って調べることができる索引を採用
  5. 見やすい表記法…算用数字を用いる等、見やすく読みやすい横書き表記を採用

掲載されている判例(一部抜粋)

標題 裁判所 判決・決定年月日
不慮の事故の成否と外来性の立証責任 東京地方裁判所 平成18年1月19日
団体定期保険金の帰属先と被保険者同意 最高裁判所第三小法廷 平成18年4月11日
不慮の事故を直接の原因とする身体障害 東京高等裁判所 平成18年4月26日
精神障害による自殺と自殺免責条項の有効性 東京高等裁判所 平成18年5月23日
保険約款の高度障害状態に該当するか 東京地方裁判所 平成18年6月30日
一 告知義務違反の成否
二 不告知事実と保険事故との因果関係
広島地方裁判所 平成18年7月28日
傷害保険における偶然な事故の成否 東京地方裁判所 平成18年10月16日
入浴中の溺死と外来性 福岡高等裁判所 平成18年11月16日
狭心症発作による事故についての外来性 高松高等裁判所 平成18年11月28日
遺書による保険金受取人変更 福岡高等裁判所 平成18年12月21日

その他、全121判例を掲載。

本判例集の監修、編集顧問、編集委員(敬称略)

監修

東京大学教授

山下 友信

編集顧問

大阪大学名誉教授

中西 正明

編集委員

上智大学教授

甘利 公人

 

立命館大学教授

竹陝―

 

専修大学教授

潘 阿憲

 

北海道大学教授

山本 哲生



ページトップへ