生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険判例集第17巻

この判例集は平成17年分の判決139件を掲載したものです。
〔頒価10,000円(税込) (1)650頁 (2)420頁(B5判並製2分冊)〕
今回も引き続き、東京大学山下友信教授に監修をいただき、判決文全文とともに、その判示事項と当該判決を紹介、掲載している専門誌・研究論文をあわせて掲載しております。


インターネットでのお申し込みはこちら

FAX・郵送でのお申し込みはこちら(新規ウィンドウに表示)


本判例集の特長

特長

  1. 掲載判決多数…公式判例集、判例掲載誌等に未掲載の判決文も多数掲載
  2. 明解な判示事項…判決文の趣旨など、理解に役立つ、わかりやすい判示事項を掲載
  3. 文献情報充実…判例研究等掲載誌について、誌名、号数、該当ページを記載
  4. 事項索引付き…既発行巻に遡って調べることができる索引を採用
  5. 見やすい表記法…算用数字を用いる等、見やすく読みやすい横書き表記を採用

掲載されている判例(一部抜粋)

標題 裁判所 判決・決定年月日
一 保険者からの通知の到達の立証責任
二 保険約款における到達擬制条項の解釈
東京地方裁判所 平成17年1月14日
不慮の事故の要件である急激性、偶然性、外来性の立証 東京高等裁判所  平成17年1月19日
精神神経障害にある者の窒息死と不慮の事故の成否 東京地方裁判所 平成17年1月21日
酩酊者に運転をさせた重過失による事故 広島高等裁判所 平成17年1月25日
人間ドック検査結果につき重大なる過失による告知義務違反 東京高等裁判所 平成17年2月2日
重大事由による解除と遡及効 大分地方裁判所 平成17年2月28日
糖尿病治療と入院の必要性と立証責任 福島地方裁判所いわき支部 平成17年6月17日
責任開始期前発病の有無 大阪高等裁判所 平成17年7月5日
告知書の「7日間以上にわたり」の解釈、保険会社の過失の成否 佐賀地方裁判所民事部   平成17年7月19日
一 告知義務違反
二 告知義務違反の事実と因果関係不存在の立証責任
東京地方裁判所 平成17年11月11日

その他、全139判例を掲載。

本判例集の監修、編集顧問、編集委員(敬称略)

監修

東京大学教授

山下 友信

編集顧問

大阪大学名誉教授

中西 正明

編集委員

上智大学教授

甘利 公人

 

立命館大学教授

竹陝―

 

専修大学教授

潘 阿憲

 

北海道大学教授

山本 哲生



ページトップへ