生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 調査活動・学術振興事業 > 学術出版物 > 生命保険判例集 > 生命保険判例集第11巻(平成18年9月発行)

生命保険判例集第11巻(平成18年9月発行)

この判例集は平成10年分の判決を掲載した第10巻に引き続き、第11巻として平成11年分の判決を掲載したものです。

保険法の研究者には研究材料として、弁護士には訴訟の参考資料として、また保険会社では職員への教育資料、保険約款の解釈上重要な判断の手がかりとなるものとして、幅広い方面でご活用いただけます。

今回も引き続き、東京大学山下友信教授に監修をいただき、判決文全文とともに、判示事項と判決文を掲載している専門誌・研究論文をあわせて掲載しております。収録編数につきましては前巻を30件以上も上回り、122件に及ぶ判例を収録しております。 どうぞ、ご活用下さい。

B5判上製/776ページ

インターネットでのお申し込みはこちら

FAX・郵送でのお申し込みはこちら(新規ウィンドウに表示)

特長

  1. 掲載件数の充実…平成11年の生命保険に関わる判決文を全件掲載(全122件)
  2. 未掲載判決多数…公式判例集、判例掲載誌等に未掲載の判決文を多数掲載
  3. 明解な判示事項…判決文の趣旨等理解に役立つ、わかりやすい判示事項を掲載
  4. 文献情報充実…判例研究等掲載誌について、誌名、号数、該当ページを記載
  5. 見やすい表記法…算用数字を用いる等、見やすく読みやすい横書き表記を採用

掲載されている判例(一部抜粋)

標題 裁判所 判決・決定年月日
保険金請求権の消滅時効の起算点 長崎地裁 平成11年1月18日
自殺免責期間経過後の自殺と保険者免責の可否 山口地裁 平成11年2月9日
交通事故後の心筋梗塞による死亡 広島地裁 平成11年3月31日
外務員の不告知示唆と告知義務違反解除 盛岡高裁花巻支部 平成11年6月4日
保険外交員による顧客のプライバシー権の侵害と所属保険会社の使用者責任 浦和地裁川越支部 平成11年7月6日
うつ病による飛び降り、告知義務違反の成否 福岡地裁 平成11年7月29日
要終身常時介護状態による高度障害保険金支払 広島地裁 平成11年9月30日
団体信用生命保険の被保険者の告知義務違反と保険者の悪意・過失 大阪高裁 平成11年11月11日
入院給付金の給付要件たる入院の必要性 松山地裁 平成11年12月20日
保険金受取人・被保険者死亡の順序と保険金請求権の決定 東京地裁 平成11年12月24日

その他、全122判例を掲載。

本判例集の監修、編集顧問、編集委員(敬称略)

監修

東京大学教授

山下 友信

編集顧問

大阪学院大学教授

中西 正明

編集委員

立命館大学教授

竹陝―

 

河村法律事務所弁護士

岡野谷 知広

 

弁護士法人三宅法律事務所弁護士

長谷川 宅司

 

山近・矢作法律事務所弁護士

矢作 健太郎

 

第一生命保険相互会社支配人

平澤 宗夫

 

(元)日本生命保険相互会社

宗実 真



ページトップへ