平成9年4?E4?E?97−2号 Press Release  

個人化・多様化が進む?E椰佑寮験莢礎祐僉繊孱隠坑坑尭?E椰佑寮験莢礎祐僉彡敢困泙箸泙?E?/FONT>


3.生活満足度と生活上での諸々の意識
(2) 「保障準備」、「貯蓄」、「消費」に関す?E媼?/B>
━━「憲醜や年間に?E蠅龍盂曚魴茲瓩峠猗し、計画的に不測の事態や老後に備え?E廖◆崑疹無理をしてでも堅実に貯蓄す?E廚覆鼻∧歉磴僚猗や貯蓄に関しては地道型・堅実型が増加 ?E、消費に関す?E媼韻蓮峺沈よりも無難さ」、「品質よ?E然福廚鮟纏?E垢?E箙腓増加し、保守化の方向へ。━?/B>

3-(2)-1  「地道に不測の事態や老後の保障を準備していきたい」という人が増加

「不測の事態」と「老後生活」に対す?E从囘準備の仕方について質問をし、その回答パターンによって「地道型」、「現実妥協型」、「目的志向型」、「柔軟型」の4タイプに分類したうえ?6年の調査と比較・分析した。

「不測の事態」に対して「地道型」で備え?E佑粒箙腓蓮?6年の22.6%から今回の34.6%へと12.0ポイント増加してい?EF瑛佑法◆嶇係綫験茵廚紡个靴董崔脇桟拭廚波え?E佑?6年の22.7%から今回の33.3%へと10.6ポイント増加してい?EI堽犬了故や老後生活といった保障への準備の仕方として、蓄えたお金を目的以外に使うことなく、計画性を持って地道に備えようという意識の高まりが窺え?E平淺州隠掘法?/TD>

図表17 不測の事態に対す?E猗タイ?/B>

不測の事態への準備として蓄えたお金は、そ?E奮阿量榲にはな?E戮使?E覆い茲Δ砲靴討きた?/td>
憲醜や年間に、最低限こ?E世韻呂箸いΤ曚鬚ちんと決めて準備した?/td>

最低限こ?E世韻蓮△箸い辰審曚砲箸蕕?E?E困法⇒祥気鳳じて準備した?/td>
不測の事態への準備として蓄えたお金でも、いつでも他の目的に使え?E茲Δ砲靴討きたい?/td>

図表17 老後生活に対す?E猗タイ?/B>

老後生活への準備として蓄えたお金は、そ?E奮阿量榲にはな?E戮使?E覆い茲Δ砲靴討きた?/td>
憲醜や年間に、最低限こ?E世韻呂箸いΤ曚鬚ちんと決めて準備した?/td>

最低限こ?E世韻蓮△箸い辰審曚砲箸蕕?E?E困法⇒祥気鳳じて準備した?/td>
老後生活への準備として蓄えたお金でも、いつでも他の目的に使え?E茲Δ砲靴討きた?/td>

 


調査?E粍?Eへ戻?E/A>/次へのページへ