平成9年4月24日 '97−2号 Press Release  

個人化・多様化が進む日本人の生活価値観〜「1996日本人の生活価値観」調査まとまる〜


2.分野別にみる調査結果の特徴
(3) 「生き方」に関する考え方
━━慣習にとらわれず、自分のセンスなど"自分らしさ"重視へ。努力や訓練を嫌い安直な生活を望む考え方は、時代の変化にかかわらずあまり支持されていない。その一方、高い目標に挑戦していきたいという考え方は大幅に弱まっている。━━
2-(3)-3  大幅に弱まる「高い目標への挑戦」志向

「できるだけ高い目標をたてて、それに挑戦していきたい」という考え方への支持率は、85年 で58.4%、91年で63.9%、96年で48.0%と、91年より大幅に減少し、半数を割る結果となった。

性・年齢別に支持率の変化をみると、91年から96年にかけて全ての年齢層で減少している。バブル崩壊を機に、実現可能な範囲で目標をたてるような意識への変化が現れたものとも読み取れる(図表10)。

図表10 できるだけ高い目標をたてて、それに挑戦していきたい(拡大図へ)


調査結果一覧へ戻る次へのページへ