nw

平成13年11月7日 '01-8号 Press Release

平成13年度「生活保障に関する調査」まとまる
-調査結果の概要-


1.生活保障に対する不安意識
―生活保障における不安意識は引き続き高い水準―
 4つの保障局面における不安意識をみると、「不安感あり」は医療保障が87.8%、介護保障が87.1%となっており、次いで老後保障(80.9%)、死亡保障(71.0%)の順となっている。また、「非常に不安を感じる」は介護が約3割と4つの保障局面の中で最も高くなっている。

図表-1 各保障局面における不安の有無

 

2.公的保障に対する考え方
―公的保障のみには頼れないという意識は依然高く、自助努力を重視する志向が見られる―
 必要な費用は公的保障だけで「まかなえるとは思わない」とした人の割合をみると、公的介護保険が79.1%と最も高く、次いで公的年金(75.8%)、公的死亡保障(68.4%)、公的医療保険(58.8%)の順となっている。
 いずれも「まかなえない」とする割合が「まかなえる」とする割合を大きく上回っている。

図表-2 公的保障に対する考え方

 

 公的保障の一層の充実を志向する割合と自助努力を志向する割合を比較すると、自助努力志向が多数派となっている。なかでも老後保障は「自助努力志向」が54.8%と「公的保障充実志向」(35.3%)を大きく上回っている。

図表-3 生活保障は公的保障充実志向か自助努力志向か

 

 また、私的な生活保障の準備について、現在の生活を切りつめてでも自ら準備すべきであるとの考え方が6割を超え、多数を占めている。

図表-4 私的な生活保障の準備に対する考え方

 


8号トップへ戻る次へ