nw

平成11年3月9日 '98−11号 Press Release

平成10年度「企業の福利厚生制度に関する調査」(第7回)まとまる


5.福利厚生制度におけるカフェテリア方式の取組状況

福利厚生制度におけるカフェテリア方式について、「実施している・実施準備中」は 0.4%、「検討中」は 1.6%、「今後検討したい」は26.4%である。特に「 1,000人以上」の大企業では、「実施中・検討意向あり」(前記3項目の合計)が6割を超えている −

 カフェテリア方式の福利厚生制度の取組状況について尋ねたところ、「実施している・実施準備中」は 0.4%、「検討中」は 1.6%、「今後検討したい」は26.4%であり、その結果、「実施中・検討意向あり」(「実施している・実施準備中」「検討中」「今後検討したい」のいずれかに回答した企業の合計)は28.3%と3割近く、「検討するつもりはない」は71.1%となっている。

図表7 カフェテリア方式の福利厚生制度の取組状況

(注)本質問は新規質問項目

従業員規模別にみると、「実施中・検討意向あり」は従業員規模が大きくなるほど高くなっており、特に「 1,000人以上」(61.8%)で6割を超えている。「 1,000人以上」における「実施中・検討意向あり」の内訳をみると、「実施している・実施準備中」が 2.4%、「検討中」が12.6%、「今後検討したい」が46.7%となっている。

図表8 カフェテリア方式の福利厚生制度の取組状況(従業員規模別)

(注)本質問は新規質問項目


11号トップへ戻る次へ