nw

平成10年12月8日 '98-8号 Press Release

平成10年度「生活保障に関する調査」まとまる


−調査結果の概要−

6.性別にみた意識のギャップ

─女性で強い不安意識─

 医療、老後、介護に対する不安意識はいずれも女性が男性を上回っているが、特に介護についてはその差が顕著で、「不安感あり」は女性では88.6%と男性を6ポイント上回っている。

不安意識の有無〔性別〕

 自分が介護してもらいたい場所について、「施設」とした人は女性(50.4%)が男性(34.9%)を上回り、逆に「在宅」とした人は男性(55.6%)が女性(41.7%)を上回っている。

自分が介護してもらいたい場所〔性別〕

上へ▲

8号トップへ戻る次へ