nw

平成10年12月8日 '98-8号 Press Release

平成10年度「生活保障に関する調査」まとまる


−調査結果の概要−

3.老後生活に対する意識

─「夫婦二人のゆとりある老後生活費」の月額は平均38.3万円─

 老後を夫婦二人で暮らしていくために必要と考える「老後の最低日常生活費」の月額は平均24.0万円となっている。また、ゆとりある老後生活を送るための「老後のゆとりのための上乗せ額」は14.2万円となっており、前回から1.1万円の減少となっている。

 「老後の最低日常生活費」に「老後のゆとりのための上乗せ額」を合わせた「ゆとりある老後生活費」は、平均38.3万円となり、前回と比べ1.1万円減少している。
ゆとりある老後生活費

(注)必ずしも(A)+(B)=(C)とならないのは端数処理によるもの
 自分自身の老後の生活水準については「つつましい生活」になるだろうと考える人が59.1%、次いで「同じ程度の生活」とした人が25.9%となっている。前回と比較すると、「つつましい生活」は6.4ポイント増加している。

老後の生活水準

上へ▲


8号トップへ戻る次へ