生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 生命保険をテーマに作文を募集します〜「第56回中学生作文コンクール」の応募要項決定〜

生命保険をテーマに作文を募集します
〜「第56回中学生作文コンクール」の応募要項決定〜

2018年5月17日
'18−1号

(公財)生命保険文化センター(代表理事・鈴木勝康)では、文部科学省、金融庁、全日本中学校長会の後援ならびに (一社)生命保険協会の協賛のもと、「第56回中学生作文コンクール」を実施いたします。

本コンクールは1963年(昭和38年)の第1回以来、おかげさまで今年度第56回を迎え、過去の応募作品総数は96万編に達しています。中学生がこの作文を通じて「将来の夢や目標」、「わが家の生活設計」などについて自らその思いをまとめ、「超高齢社会」や「社会保障制度」などについても考える機会になれば幸いです。多くの方々のご応募をお待ちしております。

○昨年度(第55回)は応募校数・応募作品数ともに過去最多
昨年度は、過去最多となる全国1,150校の中学校から34,394編(第54回の27,425編より25%増加)の応募がありました。なお、これまでの最多は平成3年の32,229編で、全国の中学生約520万人に占める応募作品数の割合は0.6%でした。一方で、昨年度は中学生約330万人に占める割合は1.0%となり、中学生数が大幅に減少している中での応募作品数増加となりました。

○作文の事前学習にもなる出前授業について
中学生の皆さんに「社会人・職業人として自立していくために必要な力」を養ってもらう目的で、中学生向け出前授業のお申込みも受け付けております。国語科はもちろん、キャリア教育、特別活動、社会科などの授業でも利用できます(全国どこでも無料で、土日祝日開催も可能)。

応募要項の概要

対象

全国の中学生(国・公・私立)

テーマ

<わたしたちのくらしと生命保険>
「わたしの将来の夢と生命保険」「わが家の生活設計」「超高齢社会に備えて」「生命保険の大切さ」「安心できる未来のために」(題名は自由)など、生命保険がくらしの中で果たしている役割や、生命保険について学んだこと、感じたことをお書きください。

原稿の枚数

400字詰め原稿用紙 2〜4枚(ワード原稿可)

締切り

2018年9月7日(金) <当日消印有効>

作品応募先

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3F
(公財)生命保険文化センター 作文係
(お問い合わせ)TEL:03-5220-8517   e-mail:sakubun@jili.or.jp

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ