生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 「生命保険と税金の知識」・「ライフプラン情報ブック」(改訂版)ができました

「生命保険と税金の知識」・「ライフプラン情報ブック」(改訂版)ができました

2017年2月2日 '16−11号 '16−12号 Press Release

(公財)生命保険文化センター(代表理事・鈴木勝康)では、小冊子「知っておきたい 生命保険と税金の知識」(B5判、カラー56ページ)・「ライフプラン情報ブック -データで考える生活設計-」(B5判、カラー60ページ)の2冊子を改訂しました。

「生命保険と税金の知識」のページへ

「ライフプラン情報ブック」のページへ

「生命保険と税金の知識」は、生命保険の保険金・年金などを受け取る際の税金や、所得税・住民税の負担が軽減される生命保険料控除など、具体的な計算事例やQ&Aを用いて生命保険と税金との関わりをわかりやすく解説しています。

「ライフプラン情報ブック」は、結婚、出産・育児、教育、住宅取得などの様々な局面ごとに、経済的準備に関わるデータや情報をコンパクトかつ豊富に掲載するとともに、「万一の場合」や「老後」に関しては自助努力で準備すべき金額の目安を具体的に計算できるようケーススタディで紹介しています。


申込方法

1週間ほどで、小冊子と振込用紙(振込手数料無料)をお送りします。

※「生命保険と税金の知識」は1冊100円、「ライフプラン情報ブック」は1冊200円(いずれも税込)で、別途送料(1冊の場合は160円、2冊セットの場合は200円)がかかります。


《生命保険と税金の知識》の主な改訂ポイント

保険金・給付金等を受け取る際の税金の具体例の充実

  • 保険金、給付金を受け取る際の税金として、収入保障保険の税金やこども保険の祝金(学資年金)を受け取った場合の税金を新たに追加し、具体的な計算方法を交えて解説しています。

Q&Aの充実

  • 当センターに寄せられる相談をふまえ、保障内容の変更(減額・転換等)をした場合の税金や契約者変更後に解約をした場合の税金等のQ&Aを新たに追加しました。
  • その他、支払調書の帳票見本の追加等、一層の内容の充実を図っています。

《ライフプラン情報ブック》の主な改訂ポイント

諸掲載データを最新のものに改訂

  • 結婚費用や住宅取得費などの諸項目やケーススタディに関する情報やデータを合計144点掲載しており、130点を可能な限り最新のものに改訂するとともに、新たに14点を追加しました。

大学生の奨学金の利用状況に関する項目を新設

  • 奨学金受給状況、家庭の年間収入別の奨学金希望状況などのデータを新たに追加しました。

介護や看護を理由に仕事を辞めた人・介護に対する不安意識に関する項目を新設

  • 介護、看護の離職者数、介護を機に離職した理由などのデータを新たに追加しました。
  • 自分の介護に対する不安の割合、不安の内容のデータを新たに追加しました。

知っておきたい 生命保険と税金の知識

本冊子の内容

目次 ページ
生命保険と税金の早わかりチャート 4〜
生命保険料を支払った場合の税金の取扱い(生命保険料控除) 6〜
契約形態で異なる受取時の税金の種類、申告期限 12〜
1. 死亡保険金を受け取って相続税がかかる場合 14〜
 相続税額早見表 19
2. 死亡保険金を受け取って所得税・住民税がかかる場合 20〜
3. 死亡保険金を受け取って贈与税がかかる場合 23
4. 満期保険金を受け取って所得税・住民税がかかる場合 24
5. 満期保険金を受け取って贈与税がかかる場合 25
6. 個人年金保険の年金を受け取った場合 26〜
7. 個人年金保険で贈与税がかかる場合 28〜
8. 入院給付金の税金 33
9. 収入保障保険の税金 34〜
10. こども保険の税金 36〜
11. 一時払養老保険(5年満期)など金融類似商品の税金 38
<生命保険と税金Q&A>(Q1〜Q24) 39〜54

見本ページ (例:34、44ページ)

<34ページ:収入保障保険の税金>

<44ページ:生命保険と税金Q&A>


ライフプラン情報ブック −データで考える生活設計−

本冊子の内容

掲載項目 主な掲載内容 ページ
Ⅰ あなただけのライフプランを考えるために 1.多様化するライフスタイルと生活設計
2.生活を取り巻くリスクと生活保障
4〜
Ⅱ 安心してライフイベントを迎えるために 1.結婚 2.出産・育児 3.教育 4.住宅取得 11〜
Ⅲ いざというときに備えるために 1.万一の場合 2.病気・ケガ 3.老後 4.介護 22〜
Ⅳ 生活の安定や財産を守るために 1.仕事(就労) 2.家計・資産形成 3.相続 41〜
Ⅴ より充実した生活を送るために 1.余暇 2.健康 53〜

見本ページ (例:19、38ページ)

<19ページ:大学生の奨学金の利用状況>

<38ページ:介護に対する不安意識など>


「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ