生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 「遺族保障ガイド」(改訂版)ができました

「遺族保障ガイド」(改訂版)ができました

2012年12月10日 '12−8号 Press Release

(公財)生命保険文化センター(代表理事・村井博美)では、小冊子「遺族保障ガイド 〜『万一』に備える生命保険活用術〜」(B5判、カラー52ページ)を改訂しました。


いつかは必ず訪れる「万一」ですが、残される家族に対する経済的な備えの必要性やその重要度は人それぞれです。本冊子は、読者が公的な遺族保障などを理解し、自分にふさわしい保障や準備手段を主体的に考えて準備を進めるための情報をまとめたものです。

今回の改訂は、平成24年1月の初版から4万6千部を発行している本冊子初の改訂であり、関心の高い「公的年金制度の遺族年金」、「相続」などに関する解説の充実を図っています。

今回の主要な改訂ポイント

「遺族年金」、「相続」について解説の充実や最新化をしています。

  • 遺族厚生(共済)年金の計算が難解と感じられる読者向けに、遺族年金額の簡易計算ができるシートを新設しています。また、家族に「万一」があった場合に受け取れる「遺族年金の早見表」の最新化や、解説の見直しをしています。
  • 相続のトラブルが富裕層だけの問題ではない実状を、データを交えて解説しています。また、相続税額早見表を追加するなど、相続や相続税への理解が進むよう解説を充実しています。

「私的保障」を考えるうえで役立つ解説の充実や最新化をしています。

  • 遺族保障を考える際にポイントとなる「遺族(老齢)年金額」、「月々の生活費」、「子どもの教育費」などについて、最新の情報に基づき、「年代別の必要保障額(事例)」を更新しています。
  • 生命保険活用のポイントをより具体的にイメージできるよう、情報・データの充実や見直しをしています。

申込方法

1週間ほどで、小冊子と振込用紙(振込手数料無料)をお送りします。

※1部の場合の代金(税・送料込)は360円です(冊子代金200円+1部の場合の送料160円)。

本冊子の目次

目次 ページ
第1章「万一」のための保障とは? 4
第2章「万一」のときの収入見込みは? 8
第3章「万一」に備える生命保険 26
巻末資料 43

本冊子のページ見本

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ