生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 「医療保障ガイド」・「ライフプラン情報ブック」(改訂版)ができました

「医療保障ガイド」・「ライフプラン情報ブック」(改訂版)ができました

2012年10月29日 '12−6号 Press Release

(公財)生命保険文化センター(代表理事・村井博美)では、小冊子「医療保障ガイド−病気やケガに備える生命保険活用術−」(B5判、カラー48ページ)、「ライフプラン情報ブック −データで考える生活設計−」(B5判、カラー56ページ)の2冊を改訂しました。

「医療保障ガイド」は、公的医療保険制度や医療関連の生命保険のしくみを、豊富な図表や具体例を交えて解説しています。

「ライフプラン情報ブック」は結婚、出産・育児、教育、住宅取得、老後生活などの様々な局面ごとに、生活設計を立てるうえで欠かせない経済的準備に関わるデータをコンパクトかつ豊富に掲載しています。

「医療保障ガイド」の主要な改訂ポイント

「先進医療」と、入院費用のケーススタディについて内容やレイアウトを見直し

  • 公的医療保険制度の「先進医療」について、レイアウト変更や解説の見直しをしています。
  • 入院費用のケーススタディにおいて、平成24年8月現在の診療報酬点数へ変更しています。

生命保険商品に関する最近の動向などを踏まえ、解説を充実・見直し

  • 多様化する医療保障商品の解説を、最近の動向を踏まえて見直しています。
  • 「介護医療保険料控除」の新設など今年から変わった生命保険料控除制度を踏まえてQ&Aの内容を見直しています。

「ライフプラン情報ブック」の主要な改訂ポイント

掲載諸データ等を最新のものに改訂

  • 結婚や住宅取得などに関する諸データや、公的年金制度など社会保障制度の概要、老後生活資金などとして自助努力で準備すべき目標額(目安額)を考えるためのケーススタディなど、掲載している111点のデータ・情報について、可能な限り最新のものに改訂しています。

健康寿命などに関する解説を新たに加え、内容を充実

  • 厚生労働省が初めて公表した「健康寿命」や、国を挙げての健康作りなどに関する指針であり、個人の主体的な取り組みが望まれる「健康日本21(第二次)」の内容を参考として簡潔に紹介する新規ページなどを設けています。

申込方法

1週間ほどで、小冊子と振込用紙(振込手数料無料)をお送りします。

※小冊子の代金と送料の合計額をお振り込みいただきます。(両冊子とも1冊の申込みの場合は代金200円、送料込360円。各1冊ずつの2冊セットでお申込みの場合は代金400円、送料込600円)


本冊子の目次

医療保障ガイド

目次 ページ
はじめに 3
病気やケガをしたときの自己負担  6
自己負担のしくみはどのようになっているのでしょう?  6
公的医療保険制度による自己負担  7
その他の自己負担 10
退職後の公的医療保険制度 11
意外と多い!?医療費の負担はどれくらい? 〜医療費の現状〜 12
「先進医療」とはどのようなものですか? 14
後期高齢者医療制度の保険料の特例措置 14
入院の費用はこれだけかかる! 16
医療関係の生命保険のしくみと内容 22
生命保険で病気やケガに備えるには 22
特約で備える 23
医療保険で備える 26
健康状態に不安がある人向けの医療保障商品とその特徴は 29
特定の病気に備える 30
がん保険 30
特定疾病保障保険 32
多様化する医療保障商品 34
契約時や受け取り時に知っておきたいこと! 36
医療保障Q&A 40
医療関係特約・医療保険チェックシート 45
知っておきたい! 医療費節約法 46

ライフプラン情報ブック

目次 ページ
I.あなただけのライフプランを考えるために
1.多様化するライフスタイルと生活設計
2
2.生活を取り巻くリスクと生活保障
6
II.安心してライフイベントを迎えるために
1.結婚  ○結納・婚約〜新婚旅行費用 ○親・親族からの結婚費用援助・・・
9
2.出産・育児  ○分娩入院費用 ○子育て費用 ○公的制度からの出産・育児関連給付・・・
12
3.教育  ○幼稚園から高校までの教育費 ○塾にかけている費用 ○大学生の生活費 ・・・
14
【参考】教育費をサポートする貸付制度
16
4.住宅取得  ○住居状況 ○住宅の購入価格 ○住宅購入者の平均的な姿 ○返済額 ・・・
17
【参考】住宅取得に伴う税金・住宅ローン控除について
19
III.いざというときに備えるために
1.万一の場合  ○万一の際の必要生活資金 ○万一の場合に期待できる準備手段・・・
20
【参考】万一に備えるための保障額(不足額・目安)の算出方法
22
2.病気・ケガ  ○主要傷病別受療率 ○入院時の自己負担費用 ○公的医療保険制度概要・・・
25
【参考】健康寿命、そして人生の晩年を考える
27
3.老後  ○老後の不安有無・内容 ○ゆとりある老後生活費 ○老後に期待できる準備手段 ・・・
29
【参考】自助努力で準備すべき夫婦の老後資金(不足額・目安)の算出方法
32
4.介護  ○年代別人口に占める要支援・要介護認定者の割合 ○主な介護者の状況 ・・・
35
【参考】公的介護保険制度の概要
36
IV.生活の安定や財産を守るために 
1.仕事(就労)  ○働く理由 ○就業形態別平均年収 ○転職率 ○自己啓発の実施状況・・・
39
【参考】雇用保険制度の概要
41
2.家計・資産形成  ○地域別・年代別家計収支 
42
【参考】地震災害に備える地震保険
45
3.相続  ○相続税課税件数の割合 ○相続関係相談件数 ○遺産分割事件数 ○葬儀費用・・・
46
V.より充実した生活を送るために
1.健康  ○運動不足を感じる人の割合 ○スポーツの種類による参加率・・・
48
【参考】10年後を見据えた健康を考える
49
2.余暇  ○有給休暇取得状況 ○余暇活動に要した費用・・・
50
■掲載データ一覧 51

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ