生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 「ねんきんガイド」(改訂版)ができました

「ねんきんガイド」(改訂版)ができました
−「公的年金制度」、「個人年金保険・変額個人年金保険」がわかる最新版−

2011年8月29日 '11−3号 Press Release

 (公財)生命保険文化センター(代表理事・村井博美)では、小冊子「ねんきんガイド 見てわかる年金A to Z」を改訂しました(B5判、カラー72ページ)。

 公的年金制度への関心が高まるなか、老後に向けた自助努力による経済的準備の必要性は理解しているものの、"公的年金の仕組みがわからない"、"一体いくらぐらい準備が必要なのかわからない"、"個人年金保険の仕組みがわからない"とお思いの方も多いのではないでしょうか。

 この小冊子では、公的年金の基礎知識と個人年金保険・変額個人年金保険の基本的な仕組みについて、図表やイラストを活用しわかりやすく解説しており、老後の生活設計に関わる悩みを解消する最新の情報を満載しております。平成2年度の初版発行以来、累計で229万部頒布され、広くご利用いただいております。

今回の主な改訂のポイント

「公的年金制度」について最新情報の追加や、「図表」等をリニューアルしています。

  • 年金加入記録をいつでも確認できる『ねんきんネット(日本年金機構)』や、『「第3号被保険者」の年金記録不整合問題』などの最新トピックを追加しています。
  • 「離婚時の厚生年金分割」のイメージ図をリニューアルするなど、初めての方にもよりわかりやすくなるよう、細部にわたって内容を見直しています。

「私的年金」を考えるうえでのお役立ち情報について最新化しています。

  • 平成22年「家計調査」(総務省)による60歳以上無職世帯の家計収支などのデータ更新に加え、当センター実施の「生活保障に関する調査(平成22年)」結果に基づく老後生活関連情報のデータ更新もしています。
  • 個人年金保険や変額個人年金保険の商品動向を踏まえ、解説を最新化しています。

申込方法

1週間ほどで、小冊子と振込用紙(振込手数料無料)をお送りします。

※1部の場合の代金(税・送料込)は260円です(冊子代金100円+1部の場合の送料160円)。

本冊子の目次

目次 ページ
老後を支える年金にはどんなものがあるのだろう? 3
1階の自営業・2階のサラリーマン・3階の公務員 4
国民年金保険料は定額、厚生年金保険料は収入に比例! 6
国民年金の年金額は加入期間で決まる。 8
厚生年金は生年月日によって支給開始年齢が異なる。 10
収入でチェック!厚生年金の受取額。 12
八木和男さんの世帯の年金は3度変わる! 14
共済年金には職域年金相当分が上乗せされる。 16
妻の厚生年金加入歴で夫婦の年金受取りパターンが異なる。 18
転職前後の期間は合計して年金を計算! 20
ねんきん定期便などで年金加入記録を確認! 21
離婚するときに年金はどうなるの?<ページ見本あり> 22
公的年金制度はどう変わっている? 24
働きながら雇用保険の給付や年金を受け取りたい! 26
障害年金も3種類! 29
遺族年金も3種類! 30
ゆとりのある老後、その上乗せ資金は? 32
公的年金を補完する個人年金保険 34
老後の生活資金を準備するために 39
個人年金保険と税金 54
ねんきんQ&A 56
資料編【年金額計算例】 63

ページの見本

22・23ページ「離婚と年金分割」

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ