生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 「ライフプラン 情報ブック」(改訂版)ができました

生活設計や生活保障を考えるための情報を満載
「ライフプラン 情報ブック」(改訂版)ができました

2010年8月6日 '10−5号 Press Release

(財)生命保険文化センター(理事長・村井 博美)では、生活設計を立てるために必要な情報と基本的な考え方をわかりやすくまとめた、小冊子「ライフプラン 情報ブック −データで考える生活設計−」を改訂いたしました(B5判、カラー56ページ)。


この小冊子は、結婚、出産・育児、教育、住宅取得、老後生活などの様々な局面ごとに、経済的準備に関わるデータをコンパクトかつ豊富に掲載するとともに、「世帯主に万一のことがあった場合」や「老後の生活」に関しては自助努力で準備すべき金額の目安を具体的に計算できるようにケーススタディで紹介しています。

今回の改訂ポイント

  • 生活設計を立てるうえで欠かせない結婚費用や教育費などの諸項目に関して、掲載している 約100点の情報・データについて、可能な限り最新のものに改訂いたしました。
  • 生活により密着した「家計」についての項目を新たに設け、家計にまつわる情報・データを取り上げています。また「扶養控除」「生命保険料控除」「相続時精算課税制度」といった税制改正に伴う情報を掲載しました。
  • 各種の調査データの掲載にとどまらず、公的年金を始めとする社会保障制度などの概要も掲載しています。今回は育児関連の給付として雇用保険の育児休業給付や子ども手当の概要、介護関連の給付として雇用保険の介護休業給付などを加え、生活を支える各種制度の解説が一層充実しました。
  • 「万一の場合の必要保障額」や「夫婦の老後生活資金」として自助努力で準備すべき金額(目安額)を考えるためのケーススタディについても最新のデータに基づき掲載しました。

申込方法

1週間ほどで、小冊子と振込用紙(振込手数料無料)をお送りします。

「ライフプラン 情報ブック」は1部税込200円、送料との合計額は360円です。

CONTENTS/もくじ

見本ページ(例:38ページ、39ページ)

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ