生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース >中学生向け副読本「生命保険って何だろう?」(新刊)を発行!

―マンガで理解!―
中学生向け副読本「生命保険って何だろう?」(新刊)を発行!

2010年4月23日 '10−1号 Press Release

(財)生命保険文化センター(理事長・村井博美)では、中学生向け生命保険副読本「生命保険って何だろう?」を新規に作成しました(B5判、カラー24ページ)。


生命保険は10世帯のうち約9世帯で利用されています。そんなに身近であるはずなのに、目に見えない商品だけにどのように役立っているのか、中学生にとってもいまひとつピンとこないのが生命保険ではないでしょうか。

この副読本は、普段あまり生命保険に接することのない中学生を対象に、マンガで生命保険の役割とその仕組みをやさしく、分かりやすく解説したものです。ストーリー展開は縦軸の「環境問題」と横軸の「生命保険」とを絡め、未知の惑星での冒険を通して主人公と一緒に「わたしたちのくらしの中での生命保険の役割」や「金融機関としての生命保険の役割」について考え、学んでいく内容になっています。

また、副読本の後半には当センターが毎年主催する「中学生作文コンクール」の参考資料として、作文の書き方などを掲載することにより、国語科の教材としても利用できるものとなっています。

なお、副読本の内容は、より多くの方にご覧いただくことを目的に当センターのホームページでも公開しました。学生の方だけでなく、どなたにも気軽に読むことができる内容となっています。

副読本の掲載内容

冒険マンガで生命保険の役割、仕組みを解説。〈P3〜14〉

  • マンガで「わたしたちのくらしと生命保険」や「金融機関としての生命保険」について、やさしく分かりやすく解説しています。

「中学生作文コンクール」の参考資料として、作文の書き方のポイントを解説。〈P15〜23〉

  • 「生命保険」をテーマとした作文を書くためのヒントや、上手に書くためのコツを紹介しています。

副読本の内容を見る

※下記のバナーをクリック


※flashムービーを見るにはAdobe Flash Playerが必要です。
Adobe Flash Playerはこちらからダウンロードできます。

副読本の申込方法


学校からのお申込みは無料です。
個人の方からのお申込みも無料ですが、お1人様3部までとさせていただきます。

その他のお申込みは有料です。1冊100円(送料別)。

本冊子の目次

目次 ページ
はじめに 2
マンガ「わくわく惑星大冒険」 3
もしものときに備える3つの柱 4
いろいろなリスクに自ら備える 5
「生命保険」と「損害保険」の違い 6
「預貯金」と「保険」の違い 7
保険は「助け合い」の仕組み 8
合理的な仕組みで成り立つ保険制度 9
金融機関としての、生命保険会社のはたらき 12
生命保険をとりまくさまざまなデータ 14
生命保険をテーマに作文を書いてみませんか? 15
考えてみよう、書いてみよう!〜作文を書くための5つのステップ〜 16
ステップ(1) ヒントになる材料を集めてみましょう 16
ステップ(2) テーマを明確にしましょう 17
ステップ(3) 材料を整理してみましょう 16
ステップ(4) 実際に書いてみましょう 18
ステップ(5) 全体を見直して仕上げましょう 19
中学生作文コンクール 受賞作品 20
第47回 文部科学大臣奨励賞 「空からの愛」 20
第45回 文部科学大臣奨励賞 「母の生命保険」 21
中学生作文コンクール 応募要項 22
先輩からのメッセージ 23

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ