生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 「知っておきたい 生命保険と税金の知識」(改訂版)ができました

「知っておきたい 生命保険と税金の知識」(改訂版)ができました
−税制改正に対応、内容充実の最新版−

平成19年8月1日 '07−3号 Press Release

(財)生命保険文化センター(会長・宮澤健一)では、小冊子「知っておきたい 生命保険と税金の知識」を改訂いたしました(B5判、カラー44ページ)。「知っておきたい生命保険と税金の知識」のページへ

本冊子は、保険金・年金などの受け取り時にかかる税金や、所得税などの負担が軽減される生命保険料控除など、生命保険と税金との関わりの中で「知っておきたい項目」「関心の高い項目」を取りあげて解説したものです。編集にあたっては、具体的な計算事例を多用してわかりやすい内容にしております。

今回の改訂では、平成19年実施の改正事項である所得税と住民税の定率減税廃止・税率の変更などに対応したほか、巻末のQ&Aのコーナーで新たに「外貨建ての保険」「変額個人年金保険」「利率変動型積立終身保険」などに関わる税金の解説を加え4ページ増とし、より充実した内容となっております。

昭和53年の初版以来、累計作成部数が約266万部におよぶ本冊子は、生命保険に関わる税金を理解するうえでぜひお読みいただきたい内容です。

今回の主な改訂のポイント

(1)定率減税廃止や税源移譲などの税制改正に対応しています。

受け取る保険金・年金が所得税の対象になる場合など、具体的な計算事例については最新の税制を反映しています。国からの税源移譲に伴い、Q&Aのコーナーに住民税の解説を新たに加えるなど住民税を意識した編集を行っています。

(2)Q&Aのコーナーが一層充実しています。

(1)の住民税や、外貨建て保険、変額個人年金保険、利率変動型積立終身保険に関わる税金の合計4項目を加えて、それぞれのポイントをわかりやすく解説しています(これにより、総ページ数は従来版から4ページ増加)。

申込方法

1週間ほどで、小冊子と振込用紙(振込手数料無料)をお送りします。

冊子代金(1部税込100円)と送料の合計額(1部の場合送料込260円)をお振込みいただきます。

本冊子の目次と見本ページは、次ページをご参照ください。

1 |  

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ