生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 「ライフプラン情報ブック」(改訂版)ができました

生活設計や生活保障を考えるための情報を満載
「ライフプラン情報ブック」(改訂版)ができました

平成18年7月24日 '06-3号 Press Release

社会保障制度の見直しや終身雇用・年功賃金制度の変革など、生活の基盤となる社会保障、企業 保障が大きく変化してきております。

生活者個々のライフプランも、そうした変化に柔軟に対応し、結婚、出産・育児、教育、住宅 取得、老後生活などの生活課題に対する取り組み方や、費用のかけ方、資金配分の優先順位の あり方など、生活設計の多面的な見直しが求められてきております。

(財)生命保険文化センター(会長・宮澤健一)では、生活設計をたてるために必要な情報と基本的な考え方をわかりやすくまとめた、小冊子「ライフプラン情報ブック −データで考える生活設計−」を改訂いたしました(B5判カラー:48ページ)。

この小冊子は、結婚、出産・育児、教育、住宅取得、老後生活などの様々な局面ごとに、経済的準備に関わるデータを豊富に掲載するとともに、「世帯主に万一のことがあった場合」や「老後の生活」に関しては自助努力で準備すべき金額の目安を具体的に計算できるようにケーススタディで紹介しています。

《今回の改訂ポイント》

資金準備の目標額についてのケーススタディを増やすなど、内容が一層充実しています。

「世帯主に万一のことがあった場合」や「老後の生活」関連のページでは、従来のサラリーマン世帯に加え、「自営業世帯ではいくらの資金準備が必要か」についてのケーススタディを新たに掲載しています。これによって、より幅広い層の方が資金準備の目標額(目安額)を考えて計画的な資金準備をするために役立つ、一層充実した内容になっています。

医療・介護など公的保障制度についても最新の情報を掲載しています。

70点を超える掲載諸データ・資料のうち約6割を最新のものに刷新しており、医療・介護 などの公的保障制度についても最新の改正内容がわかるように改訂しています。

つきましては、多くの皆様にご活用いただけますよう、紙面等でご紹介いただければ幸いです。

本冊子の申込み要領、目次等は、次ページをご参照ください。

1 |  

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ