生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2018年3月8日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 2018/3/8  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.324」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第8回)

  「安心と幸せな暮らしのために」

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

  1.変額個人年金保険について
   〜年金ワンポイント(7)〜

[Ⅲ]その他

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
────────────────────────────────────
3月に入り花粉が気になっている方も多いのではないでしょうか?睡眠不足やス
トレスの溜め込み、過度な飲酒などは花粉症の悪化に繋がるそうです。歓送迎会
などでお酒を飲む機会が多くなる季節ですので、花粉がひどくなる前にあらかじ
め生活習慣を整えておくといいかもしれません。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第8回)

   「安心と幸せな暮らしのために」

  大阪府 大阪市立北稜中学校  一学年 木岡 彩奈さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ある少女の父は、太陽のように明るく元気な人だった。彼女が小学五年生になる
までは。

その春、彼女の父は重い病に侵された。末期のS字結腸ガンだった。だが、事の
重大さは彼女には知らされず、淡々と時が過ぎていった。

「病気で大変だなぁ。早く治るといいな。」

入退院を繰り返す父だったが、彼女はその程度の軽い気持ちだった。
帰宅すると家にいることが多くなった父に対して、彼女は

「何でいつまでも働かないの?いつまで休む気なんだろう。」

と、可哀想と思うどころか酷い態度をとることが増えていった。

父は既に「余命半年」と宣告されていたのだが、爐擦瓩凸爾小学校を卒業する
までは生きなければ瓩箸いΦの呂派袖い汎った。

しかし、病気は徐々に悪化していった。会社が父の病気を考慮して転勤を命じた。
ゆっくり療養できる環境を作ってくれた会社に感謝の日々であった。
・・・【続きは下記URLをクリック】

◇作文の全文(PDF)はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/concours/pdf/contest55_zenkoku_08.pdf?lid=mm324

◇その他の入賞作品はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/concours/prize.html#todoufuken?lid=mm324

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.変額個人年金保険について
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
老後の生活資金を確保する方法として、生命保険の個人年金があります。個人年
金の主な種類として、決まった年金額を受け取れる「個人年金保険」と、運用実
績により年金額が増減する「変額個人年金保険」などがあります。
今回は「変額個人年金保険」について紹介します。

変額個人年金保険は主に株式や債券などで運用しているため、生命保険会社が保
有するほかの資産とは区別して、特別勘定で運用されています。

●変額個人年金保険の特徴

①運用実績によって将来の年金額が変動するため、将来のインフレリスクなどに
 対応しやすい。

②大きなリターンが期待できる一方で、運用に関するリスクも大きくなる。

 ※変額個人年金保険は投資性の強い金融商品になるため、契約する際には「契
  約締結前交付書面」(契約概要・注意喚起情報)で損失が生じるおそれがあ
  ることや、諸費用に関することなどを記載して、説明・交付することが義務
  付けられています。

③保険料を一時払で払い込む商品が多く、最低一時払保険料は100万円程度から
 となる。

●変額個人年金保険にかかる諸費用

変額個人年金保険には様々な諸費用がかかります。ここでは、解約の際にかかる
解約控除について計算します。

解約控除とは、契約後一定期間内の解約時に積立金から控除される金額です(解
約控除がかからない商品もあります)。

〜解約控除の具体例〜

【条件】
一時払保険料で1,000万円を支払い、2年後に解約。解約控除額は70万円。
(解約控除率7%、一時払保険料に乗じる事例)

①運用で増えた場合(100万円増加し、積立金額が1,100万円になった時に解約)
 積立金額1,100万円−解約控除額70万円=手取り額1,030万円

②運用で減った場合(500万円減少し、積立金額が500万円になった時に解約)
 積立金額500万円−解約控除額70万円=手取り額430万円

上記のように、運用がうまくいかなかった場合にも解約控除がかかる点に注意が
必要です。

解約控除以外にも保険料や積立金額、年金から控除される諸費用が様々あるため、
将来の年金受け取りに備えてしっかりと理解しておくことが大切です。

◇変額個人年金保険にかかる諸費用、解約控除の具体例を図でご覧になりたい方
 はこちらから
⇒ https://www.jili.or.jp/h_guide/rougo/02/02-02.html?lid=mm324

●他にも投資性の強い個人年金保険はある?

投資性が強い商品には、「外貨建ての個人年金保険」や「市場価格調整を利用し
た個人年金保険」があります。変額個人年金保険と同様、それぞれ市場リスクが
存在することに注意して契約する必要があります。

◇投資性の強い生命保険のそれぞれの注意点は?
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/life_insurance/life_insurance_q0711.html

-----------------------------------------------------------------------
当センターの小冊子「ねんきんガイド」では、今回取り上げた変額個人年金保険
のほか公的年金の基礎知識や基本的な仕組みについて、図表や具体的な計算事例、
Q&Aを用いてわかりやすく解説しています。

◇「ねんきんガイド」についてはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm324

◇出版物のご購入ページはこちら◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm324

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]その他

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●今号のメールマガジンについてお聞きします。
  次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm324
-----------------------------------------------------------------------
★「役立つ」「面白い」「タイムリーで良い」など、多くの読者から好評!★
 〜当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください〜

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm324
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm324
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm324
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance


ページトップへ