生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2017年12月21日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 2017/12/21  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.318」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第4回)

   「生と死に直面して」

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

  公的介護保険の保険料について 〜最新版小冊子「介護保障ガイド」より〜

[Ⅲ]その他

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
今年も残すところあと僅かとなりました。元号が変わるなど、来年のことに関す
る話題を最近目にするようになりましたが、今年やり残したことがないようにし
て2018年を迎えられるようにしましょう!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第4回)

    優秀賞 「生と死に直面して」

    宮城県 仙台市立七郷中学校  三学年 間宮 遼佳
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

母に抱かれた生まれたての私が初めて触れた外の風景は、真っ白い羽毛のような
雪が空から舞い降りてくる様子だったそうです。

十一月。産後の母が退院した日に、その年の初雪が降ったこと。白く染まった地
面に一歩踏み出した父と母が、猝伸瓩硫垢さ、愛おしさを実感したことを、私
はこれまで何度も両親から聞かされてきました。

「この子のことをずっと守っていこう」と二人は約束したそうです。

その日からずっと両親の愛に包まれて生きてきた私が、犹爿瓩龍欧蹐靴気鮟蕕
て実感したのは、中学一年生の夏のことでした。

部活動の練習を終えて帰宅した家には、・・・【続きは下記URLをクリック】

◇作文の全文(PDF)はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/concours/pdf/contest55_zenkoku_04.pdf?lid=mm318

◇その他の入賞作品はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/concours/prize.html#todoufuken?lid=mm318

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
公的介護保険の保険料について 〜最新版小冊子「介護保障ガイド」より 〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
原則、40歳以上の人は公的介護保険の保険料を負担します。この保険料は定期的
に改定されていますが、そもそもどのような仕組みになっているのでしょうか。
今回は公的介護保険の保険料について紹介します!

●公的介護保険の保険料はどのように決まる?

公的介護保険の保険料は、第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40〜64歳)
とで金額の決め方が異なります。

・第1号被保険者(65歳以上)の保険料は・・・

市町村が3年に1回、条例で定める基準額に、所得の階級別(標準的には9段階)
の割合を乗じた額です。
平成27年度から平成29年度の基準額は全国平均で5,514円となっています。公的
介護保険制度が始まった平成12年度は2,911円でしたから、当時と比べると約2倍
となっています。

・第2号被保険者(40〜64歳)で会社員・公務員の保険料は・・・

月給と賞与に医療保険者ごとに定める保険料率をかけた額です。原則勤務先と折
半で負担し月給や賞与から天引きされます。自営業など国民健康保険の加入者の
場合は、国民健康保険料(税)に、本人の所得等に応じて市町村が定めた額を上
乗せして支払います。

※健康保険の被扶養者(会社員・公務員の妻など)は原則、別途納付する必要は
ありません。

●今後の介護保険料はどう変わる?

第1号被保険者(65歳以上)の基準額は、平成30年度から改定される予定です。

一方、第2号被保険者(40〜64歳)で会社員などの介護保険料は、加入者の集団
ごとの人数に応じた額(加入者割)でしたが、今年の8月から段階的に報酬額に
応じた額(総報酬割)となり、平成32年度にはこの総報酬割による保険料算定方
式が全面導入される予定です。

この結果、年収の高い人が多い集団ほど保険料負担が重くなる傾向が強まります。

保険料の改定に限らず、給付内容の変更など公的介護制度自体の見直しがなされ
る中で、「介護される側、する側」両方のリスクに対する備えについて各自が主
体的に考える必要性が高まっています。

◇親などを介護する場合に不安なことは?
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/nursing/6.html?lid=mm318

◇介護にかかる費用はどれくらい?
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/nursing/10.html?lid=mm318

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
当センターの「介護保障ガイド」では、今回取り上げた公的介護保険の保険料の
ほか、公的介護保険で受けられるサービスや利用時の費用などについて図表やQ&A
などを豊富に交えてわかりやすく解説しています。
ぜひご一読ください!

◇「介護保障ガイド」についてはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm318

◇出版物のご購入ページはこちら◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm318

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]その他

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●今号のメールマガジンについてお聞きします。
  次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm318
-----------------------------------------------------------------------
★「役立つ」「面白い」「タイムリーで良い」など、多くの読者から好評!★
 〜当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください〜

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm318
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm318
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm318
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ