生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2017年9月28日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2017/9/28  ◇◆◇

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン 臨時増刊号」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  1. 小冊子「ねんきんガイド」を全面改訂しました!

  2. 「e-ライフプランニング」の最新版を公開しました!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1. 小冊子「ねんきんガイド」を全面改訂しました!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
小冊子「ねんきんガイド」(B5判、カラー68ページ)は、公的年金の基礎知識や個
人年金保険の基本的な仕組みについて、図表や具体的な計算事例・契約例、Q&Aを
用いて分かりやすく解説しています。

今回の改訂では、公的年金の受給資格期間短縮を機に、読者の関心が高い年金額
早見表を始めとする全内容を見直すとともに、より老後保障を意識した内容とし
て副題を「今から考える老後保障」に変更しました。
(従来版は「見てわかる年金A to Z」)

今回の主な改訂点は下記のとおりです。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
≪主な改訂ポイント≫

●公的年金の受給資格期間の短縮に対応

・平成29年8月(受給開始は10月)より、「原則25年」から「10年」に短縮された
受給資格期間に関する説明や加入期間の短い人に対応した「年金額早見表」を掲
載しました。

●構成やレイアウトを全面改訂

・自営業者・会社員それぞれの公的年金受取事例や年金額早見表などを掲載し、
図解を多用する等、より読みやすいようにデザインを刷新しました。

・30代夫婦の年金受取事例を追加する等、幅広い年代の読者が老後保障について
考えられるよう内容を充実させました。

●Q&A、資料編の充実

・Q&Aのページでは、受給資格期間に含まれる『カラ期間』や、個人年金保険
の請求時に利用できる指定代理請求制度の解説を追加するなど、内容を充実させ
ました。

・資料編では、老齢年金を繰上げ・繰下げ受給した際の受取額比較表や、遺族厚
生年金早見表を新たに掲載するなど、内容を充実させました。

●個人年金保険商品等の取扱いについても記述を充実

・個人年金保険や変額個人年金保険で特徴のある商品等について図を用いて解説
しました。

・ねんきんコラムでは、平成29年1月から加入者の範囲が拡大した「個人型確定
拠出年金(iDeCo)」について分かりやすく解説しました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※「ねんきんガイド」1部の場合の代金は260円(税・送料込)です。
 (冊子代金100円+1部の場合の送料160円)

◇「ねんきんガイド」の詳細はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm079

◇「ねんきんガイド」のご購入はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm079

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2. 「e-ライフプランニング」の最新版を公開しました!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
本日、2015年3月に公開したライフプランを考えるためのWEBシミュレーションツ
ール「e-ライフプランニング」の最新版をホームページに公開しました。

このツールは、生年月日など、ごく基礎的な情報とともに具体的な収入・支出項
目を入力することで、自分自身の現在のライフステージの下で将来のライフプラ
ンを簡単に作成することができます。最近の公的年金の制度改正を反映させ、関
連データを最新化することで、より正確なシミュレーションが可能となりました。

今回最新化した主な内容は下記のとおりです。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
≪主な最新化のポイント≫

●公的年金の受給額の計算方法の変更

・加入期間に応じた年金額を計算できるように変更

.轡潺絅譟璽轡腑鷏覯未鉾娠任気譴詛金額について、加入期間の入力を年単位
で入力できるようにすることで、利用者ごとの加入期間に応じた年金額の算出が
可能となりました(従来、老齢基礎年金は加入期間40年を前提に年金額を計算)。

∧神29年8月(受給開始は10月)より最低受給資格期間が「原則25年」から「10年」
に短縮される制度改正を反映させ、加入期間が10年以上の場合について、年金受
給額がシミュレーション結果に反映できるようになりました。

・平成27年10月からの共済年金と厚生年金の統合に対応

シミュレーション結果に反映される公務員等の厚生年金額について、統合前後の
加入期間を各々考慮して計算できるようになりました。
(振替加算については簡略化して対応)

●関連データの最新化・ユーザビリティの向上

・シミュレーションをするための根拠データ
入力情報に基づき算出されるシミュレーションの根拠となるデータ(収入、
退職金額、年金受給額等)を最新化しました。

・収支情報を入力する際の参考情報、目標設定のヒント

子どもの結婚費用や教育費、住宅購入費用の平均額などの参考情報や、転職先や
独立開業、余暇の過ごし方等を考える際に参考となる目標設定のヒントを最新の
数値に更新しました。

・シミュレーション実施時のユーザビリティの向上

保険契約一覧表の見やすさの向上、転職情報入力画面の操作改善等を行いました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇e-ライフプランニングのご利用はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/consumer_adviser/plan.html?lid=mm079

※パソコン以外の端末からはe-ライフプランニングをご利用いただけません。
お手数ですが、パソコンからご利用いただきますようお願いいたします。
ご利用前に上記のページから収支表を印刷し、記入しておくと、その後のシミュ
レーションがスムーズに行えます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★「役立つ」「面白い」「タイムリーで良い」など、多くの読者から好評!★
 〜当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください〜

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm079
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm079
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm079
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ