生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2017年8月10日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2017/8/10  ◇◆◇

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.310」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

  1. 高額療養費制度の改正で何が変わった?

    〜最新版小冊子「医療保障ガイド」より(1)〜

  2. 年金請求書が届いているか確認をしましょう

[Ⅱ]その他

  1. メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
いつの間にか蝉の鳴き声も聞き慣れ、夏が本格化してきたと実感しています。も
うすぐお盆を迎えますが、家族と過ごすという方も多いかと思います。実は、家
族がどのような保険に加入しているかを知らず、手続きが必要な際に困ってしま
うというケースは少なくありません。家族で集まるこの機会に確認してみるのは
いかがでしょうか。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.高額療養費制度の改正で何が変わった?

   〜最新版小冊子「医療保障ガイド」より(1)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

○高額療養費制度とは?

公的医療保険制度では病院で治療を受けた際の医療費は、実際には一部分(1割
〜3割)を支払うことになります。しかし、その部分が高額になってしまう場合
もあります。
例えば、医療費が100万円・3割負担の場合、自己負担額が30万円となり、
家計へは相応の負担になります。

上記の例のように医療費が高額になることで家計が圧迫されることを回避する制
度として、「高額療養費制度」があります。この制度は年齢や所得に応じて、そ
の人の自己負担限度額を定め、それを超えた分については高額療養費として支給
される制度です。

この高額療養費制度について平成29年8月に改正がありました。今月改訂した
当センター発行の「医療保障ガイド」をもとに、制度の変更点の一部を紹介します。

-----------------------------------------------------------------------
○制度改正で何が変わった?
・今回の改正では70歳以上の医療費の自己負担限度額が平成29年8月に引上
げとなりました。そして、平成30年8月にもさらに二段階目の限度額引上げが
予定されています。

具体的な変更点は次のとおりです。

〜平成29年8月から適用(一段階目)〜
。沓虻舒幣紊痢峺縮鯤造濬蠧声圈廚亮己負担限度額
 ・通院(個人ごと) 「月額44,400円」→「月額57,600円」

■沓虻舒幣紊痢岼貳冥蠧声圈廚亮己負担限度額
 (1)通院(個人ごと) 「月額12,000円」→「月額14,000円」
 (2)入院および通院(世帯単位) 「月額44,400円」→「月額57,600円」

〜平成30年8月から適用(二段階目)〜
。沓虻舒幣紊痢峺縮鯤造濬蠧声圈廚亮己負担限度額
通院の自己負担限度額が撤廃され、自己負担限度額の算定が69歳以下と同じに
なる。

■沓虻舒幣紊痢岼貳冥蠧声圈廚亮己負担限度額
・通院(個人ごと) 「月額14,000円」→「月額18,000円」

-----------------------------------------------------------------------

当センターの小冊子「医療保障ガイド」では、高額療養費制度について図表や事
例を用いて分かり易く解説しているほか、病気やケガで入院や手術をした場合の
自己負担のしくみと、それに備える生命保険の活用方法を解説しています。

◇「医療保障ガイド」についてはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm310

◇出版物のご購入ページはこちら◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm310

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.年金請求書が届いているか確認をしましょう
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今年の8月に年金制度も改正となり、年金を受け取るために必要な資格期間が2
5年から10年に短縮されました。これにより、新たに年金を受け取ることがで
きる人へ、日本年金機構から手続きに必要な書類(黄色のA4封筒)が送付され
ています。

年金は手続きをしなければ受け取ることができません。心当たりのある人は今一
度ご確認ください。また、これからお盆で帰省する際などにご家族と一度お話を
してみてはいかがでしょうか。

◇年金受給資格についてはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/16.html?lid=mm310

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]その他

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●今号のメールマガジンについてお聞きします。
  次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm310
-----------------------------------------------------------------------
★「役立つ」「面白い」「タイムリーで良い」など、多くの読者から好評!★
 〜当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください〜

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm310
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm310
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm310
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ