生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2017年7月27日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2017/7/27  ◇◆◇

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.309」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

[Ⅰ]エッセイ 第1回  市川 恵さん

  「子ども・子育ての支援と日本の未来
   〜第1回 妊娠中にも受けられる支援はいろいろある〜」

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

  1. 家計への負担はどれくらい!? 来月変わる公的介護保険の自己負担

[Ⅲ]その他

  1. メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
先日テレワークデーが初めて実施されました。この取り組みは2020年の東京
オリンピック・パラリンピックに向けて首都圏の混雑緩和を目的として、自宅な
どの職場以外で働くことができるものです。前回のエッセイでお伝えした「働き
方改革」の一つとして今後も注目を集めそうですね。今回からは妊娠や子育てに
ついてのエッセイです。是非ご覧ください!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]エッセイ 第1回

  「子ども・子育ての支援と日本の未来
   〜第1回 妊娠中にも受けられる支援はいろいろある〜」

 社会保険労務士法人 恵社労士事務所代表 市川 恵さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
今回から、子ども・子育てについてのコラムを担当します市川です。
現在、社会保険労務士の仕事をしながら1歳になる息子の育児をしています。こ
のコラムでは、私の実体験を交えながら、社会保険に関する妊娠〜子育ての役立
つ情報をお伝えします。

●妊娠がわかってから
2年前の8月。夏バテかなあと思っていたら、妊娠が発覚しました。7月に入籍し
たばかりだったので、本人たちも周りも本当に驚きました。
12週を過ぎたころ、病院から、次の検診には母子手帳を持ってくるようにと言わ
れ、市役所の窓口に、母子手帳をもらいに行きました。

母子手帳は住んでいる市区町村の窓口のほか、保健センターで発行してもらえま
す。母子手帳には、妊娠期の過ごし方、子供の体調の見方や成長など、妊娠から
育児までの知っておかなければならない情報が載っています。

手続きは、発行する市区町村により異なりますので、市区町村のHPや窓口で確認
しましょう。・・・【続きは下記URLをクリック】

◇エッセイの全文はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/2017/essay/web04/web04.html?lid=mm309

◇エッセイのバックナンバーはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/essay/?lid=mm309

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 1.家計への負担はどれくらい!? 来月変わる公的介護保険の自己負担
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
来月8月から、公的介護保険で自己負担額を抑える仕組みが一部変わります。
具体的には、公的介護保険の「高額介護サービス費」の改正です。
人によって異なりますが、介護サービスを利用する際の自己負担額が増える方向
となる内容です。
自己負担の基本的な仕組みとともに、改正内容を確認しましょう。

<公的介護保険による自己負担の仕組みは?>

公的介護保険を利用すると、介護サービス利用料の負担は1割(一定以上の所得
がある65歳以上の人は2割)ですみます。
1割・2割の自己負担とはいえ、介護サービスに多く頼る場合は自己負担額がかさ
みます。

そこで、公的介護保険には1か月あたりの自己負担限度額があり、自己負担額の
合計が自己負担限度額を超えると、超えた分は申請により払い戻されます。この
払い戻しが公的介護保険の給付「高額介護サービス費」です。

「高額介護サービス費」での自己負担限度額が下がれば負担は減り、上がれば負
担が増える関係にあります。

●具体的にどう変わるの?
自己負担限度額は、「現役並み所得者(課税所得145万円以上)」、「一般」、
「市町村民税非課税者」のいずれに当てはまるかによって異なります。
2017年8月から「一般」の人の自己負担限度額が変更され、現在の37,200円が
44,400円となります。

負担の増加分は月額7,200円で、年間では86,400円(7,200円×12か月)です。
65歳以上・1割負担の世帯に対しては、年間446,400円(37,200円×12か月)の限
度額が新設されます(3年間の時限措置)。

生命保険文化センターの平成27年度「生命保険に関する全国実態調査」によると、
介護経験者の介護期間は平均約5年(4年11か月)と長期にのぼります。

また、デイサービスの食費や施設入所者の居住費・食費など、高額介護サービス
費による負担軽減の対象外の出費も考えられます。
介護への経済的な備えについて、考えてみることも必要ではないでしょうか。

◇「公的介護保険で自己負担額が高額になった場合の軽減措置とは?」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/nursing/18.html?lid=mm309

◇「介護にはどれくらいの年数・費用がかかる?」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/nursing/4.html?lid=mm309

◇「実際にかかる介護費用はどれくらい?」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/nursing/10.html?lid=mm309
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]その他

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●今号のメールマガジンについてお聞きします。
  次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm309
-----------------------------------------------------------------------
★「役立つ」「面白い」「タイムリーで良い」など、多くの読者から好評!★
 〜当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください〜

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm309
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm309
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm309
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ