生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2017年6月22日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2017/6/22 ◇◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.307」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]エッセイ 第3回  益田 淳子さん

  「『働き方改革』と私たちのくらし
   〜3回目 同一労働同一賃金とは?〜」

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

   相談リポートより(第2回):給付金等を受け取った場合の税金

[Ⅲ]その他

  1.  3月に実施したアンケート結果がまとまりました!

  2.  高等学校家庭科教師対象
     『夏季セミナー・くらしとリスク管理』のご案内(参加費は無料です)!

  3.  メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
前回のメールマガジンでご紹介した「契約者変更時の税金について」はいかが
だったでしょうか?生命保険に関する税金については多くの方が関心を持って
いる一方で、難しく感じてしまうことが少なくありません。今回もその「税金」
について相談の多かった項目からご紹介します。
益田さんによる「働き方改革」のエッセイも今回で最後となりますので是非ご
覧ください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]エッセイ 第3回

  「『働き方改革』と私たちのくらし
   〜3回目 同一労働同一賃金とは?〜」

   特定社会保険労務士  益田 淳子さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「働き方改革」に関する連載も今回で最終回となりました。
「働き方改革」では、正規/非正規労働の均等待遇をめざす賃金原則として、
「同一労働同一賃金」の実現を唱えています。

今回は、「働き方改革」の重要な柱である「同一労働同一賃金」を中心に、確
認してみましょう。

「同一労働同一賃金の実現」で非正規雇用者の処遇改善

政府の「働き方改革実現会議」にて決定された「働き方改革実行計画」では、
労働生産性の向上を阻む問題の解決策として、正規/非正規(有期雇用労働者、
パートタイム労働者、派遣労働者等)という2つの働き方の不合理な処遇の差、
つまり雇用形態による理由なき格差を埋めていくことが必要であると強調され
ています。

非正規労働は、低賃金による貧困と格差社会を生み出し、ワーキングプアと少
子化の原因ともなっている最重要の社会問題です。

現在、日本の非正規雇用者は、全雇用者の約4割を占めています。特に女性は、
出産、子育てなどライフイベントの事情から、非正規全体に占める女性の割合
はどの年齢でも高くなっています。
下のグラフは、・・・【続きは下記URLをクリック】


◇エッセイの全文はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/2017/essay/web03/web03.html?lid=mm307

◇エッセイのバックナンバーはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/essay/?lid=mm307

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.相談リポートより(第2回):給付金等を受け取った場合の税金
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
当センターへ寄せられる相談の中で、例年最も多いのが「税金について教えて
欲しい」という内容です。平成28年度は274件(全体の21.8%)の相談がありま
した。
今回はその中で「給付金等を受け取った場合の税金」についてご紹介します。

●給付金等を受け取った場合に税金がかかるの?

不慮の事故や疾病などにより受け取れる給付金等は税法上、「非課税」とされ
ています。
例えば、入院給付金は非課税となり、そのほか以下に記載されている保険金・
給付金も非課税となっています。

<非課税となる保険金・給付金>
手術給付金、通院給付金、退院給付金、障害保険金(給付金)、特定損傷給付
金、がん診断給付金、特定疾病(三大疾病)保険金、先進医療給付金、高度障
害保険金(給付金)、リビング・ニーズ特約保険金、介護保険金(一時金・年
金)など

◇給付金受取時の税金と医療費控除に関するQ&Aはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/tax/tax_q2.html?lid=mm307

●非課税のはずの入院給付金に税金がかかるケースがあるの?

例えば、医療保険に加入している人が入院し、入院給付金を受け取る前に亡く
なった場合は、遺族が受け取ることになり相続税の課税対象になります。

入院給付金は、一般的に被保険者(保険の対象者)が受取人となります。一般
的に被保険者が請求することなく死亡した場合は被保険者の法定相続人のうち
から定めた代表者が請求することとなり、受け取った給付金は預貯金などと同
様に本来の相続財産になります。

なお死亡保険金を法定相続人が受け取ると、受け取った金額から「500万円
×法定相続人の数」が非課税金額となる税法上の特典があります。しかし、死
亡した後に法定相続人が受け取った入院給付金についてはこの特典がありませ
ん。

また、上記ケース以外に税金がかかる例として、被保険者が生前に給付金等を受
け取り、使い残して死亡した場合の「残った金額」についても相続財産として
相続税の課税対象となります(この場合も死亡保険金の非課税金額は適用され
ません)。

◇受取時にかかる税金についてのチャートはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/tax/receives.html?lid=mm307

◇28年度生命保険相談リポートの概要はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/consul/results.html?lid=mm307

◇税金に関してもっと詳しく知りたい方へ小冊子のご案内◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm307

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]その他

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1. ホームページとメールマガジンに関するアンケート結果
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
当センターでは3月1日〜3月15日にかけて、
ホームページとメールマガジンに関するアンケートを実施しました。
807名の方からご回答をいただきました。ご協力ありがとうございました。

この度アンケートの結果がまとまりましたので紹介させていただきます。
皆さまからのご意見を参考に、より良いホームページ・メールマガジンの制作
を目指してまいります。

※アンケートにお答えいただいた方の中から厳正なる抽選を実施し、3月末日
 に100名様に商品券を送付させていただきました。

◇ホームページ・メールマガジンに関するアンケートの結果はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/pdf/170614_enquete.pdf


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.高等学校家庭科教師対象
  『夏季セミナー・くらしとリスク管理』のご案内(参加費は無料です)!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●東京・大阪・名古屋で開催します!(今年は名古屋でも開催いたします!)

【開催日/場所】

・東京  ⇒ 7月31日(月)
      千代田区神田淡路町2-9(日本損害保険協会 会議室)
・大阪  ⇒ 7月26日(水)
      大阪市北区中崎西2-4-12(梅田センタービル16階)
・名古屋 ⇒ 7月27日(木)
      名古屋市中村区那古野1-47-1
     (名古屋国際センター 5階第一会議室)

【時間(全会場共通)】

・9:30〜15:30 ※お昼休憩1時間(お弁当をご用意します)

【セミナー内容】

(午前)
ヾ霙換岷
・東京「(仮)生活設計とリスク教育」
 講師:東京家政学院大学 上村 協子 教授

・大阪「(仮)消費者教育の視点からみるリスクマネジメント」
 講師:大阪教育大学 大本 久美子 准教授

・名古屋「(仮)金融(保険)教育から人間発達を促す」
 講師:岐阜大学 大藪 千穂 教授

⊆業プラン・教材紹介
・全会場共通

(午後)
グループ別「ミニ勉強会・情報交換会」
・全会場共通


※セミナーに参加いただいた方には「受講修了証」を発行いたします。
 ぜひ、ご参加ください。

◇「教師対象夏季セミナー」についての詳細とお申込みはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/summer_seminar/index.html?lid=mm307


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
3.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●今号のメールマガジンについてお聞きします。
  次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm307
-----------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm307
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから◆
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm307
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm307
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ