生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2017年2月9日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2017/2/9 ◇◆◇

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.298」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第8回)

   優秀賞 「私の誕生と両親の決意」

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

  1.生命保険の契約者を変更したときの税金は?
   〜最新版小冊子「知っておきたい 生命保険と税金の知識」より(1)〜

[Ⅲ]もぎたて生情報!

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
   2.「高校生の消費生活と生活設計に関するアンケート調査」を実施しました。

────────────────────────────────────
今回は生命保険の契約者を変更した際に変わる税金について掲載しています。
子どもが独立したから契約者を親から子へ、契約者が死亡したから夫から妻へなど
契約者を変更することがありますが、契約者を変更すると、かかる税金の種類が変
わることがあります。税金の種類が変われば、払う税金の額も変わります。
しっかり理解したうえで、契約者変更の手続きを進めたいものですね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第8回)

    優秀賞 「私の誕生と両親の決意」

    熊本県 熊本大学教育学部附属中学校 二学年 吉田 博貴 さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私の両親は、友人の両親より年を取っている。私が幼い頃には感じなかったが、
近頃少し気になるようになった。母に
「僕を何歳の時に産んだの?」
と、質問してみた。
「三十七歳で産んだのよ。初産だったけれどすごく楽で助かったわ。」
と、明るく答えてくれた。しかし、その後、
「あなたも大きくなったから、話しておきたいことがあるのよ。」
と言われ、少し不安になった。

私を産むのに、長い間不妊治療をしたこと。そして、双子のきょうだいが
いたが、三カ月目くらいに消えてしまったことだった。私は、とても驚いた。
ずっと?一人っ子?だと思っていたからだ。もし、きょうだいがいてくれたら
と考えたら、複雑な気持ちになった。母は、とても悲しみ落ち込んだが、
「お母さんになるんだ。」
と、奮い立ったのだと話してくれた。私を産むために、こんな大変な経験を
してくれたことを知り、母の強さを感じた。
・・・【続きは下記URLをクリック】

◇作文の全文(PDF)はこちらから◇
⇒http://www.jili.or.jp/school/concours/pdf/contest54_zenkoku_08.pdf


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.生命保険の契約者を変更したときの税金は?
  〜最新版小冊子「知っておきたい 生命保険と税金の知識」より(1)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●契約者を変更すると税金はどうなるの?

有効に継続している生命保険の契約者は、被保険者の同意や生命保険会社の承諾
を得ることなどで、いつでも変更することができます。
契約している期間の途中で、契約者を変更してもその時点で課税されることはあ
りませんが、契約者を変更したことにより、保険金を受け取る際に課税関係が変
わります。
例えば、契約者=夫、被保険者=妻、受取人=夫とした終身保険に加入し、その
後、契約者を夫から妻に変更した場合、死亡保険金を受け取る段階で次のように
課税されます。

<死亡保険金にかかる税金>
前契約者(夫)の負担した保険料に相当する部分⇒所得税(一時所得)、住民税
新契約者(妻)の負担した保険料に相当する部分⇒相続税


●契約者の変更後に解約した場合はどうなるの?

上の契約において、契約者の変更の手続きが完了した後に、新しく契約者となっ
た妻が契約を解約し、解約返戻金を受け取った場合は、実際に自分が負担した保
険料に相当する部分は所得税・住民税の課税対象、それ以外の部分は前契約者で
ある夫から贈与されたものとして、贈与税の課税対象となります。

<解約返戻金にかかる税金>
前契約者(夫)の負担した保険料に相当する部分⇒贈与税
新契約者(妻)の負担した保険料に相当する部分⇒所得税(一時所得)、住民税


●契約を変更した後に前の契約者が亡くなった場合は?

上の契約において、契約者変更の手続きが完了した後、被保険者である妻が亡く
なる前に、前の契約者である夫が亡くなった場合は、その時点で「生命保険契約
に関する権利」として評価された金額のうち、前の契約者である夫が負担した保
険料に相当する部分が相続税の課税対象となります。

<生命保険契約に関する権利の評価額>
相続開始時に解約するとした場合に受け取れる解約返戻金の金額が生命保険契約
に関する権利の評価額となります。


最新版の「生命保険と税金の知識」(B5判、カラー56ページ、1部100円・税込・
送料別)では、保険金や年金を受け取った場合の税金の具体的な計算事例やQ&
Aで生命保険と税金の関わりをわかりやすく解説しています。ぜひご一読くださ
い。

◇「生命保険と税金の知識」についてはこちら◇
⇒http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm298

◇出版物のご購入ページはこちら◇
⇒https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm298

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今号のメールマガジンについてお聞きします。

●『生命保険の契約者を変更したときの税金は?』について、次の選択肢から選
   んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm298


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2. 「高校生の消費生活と生活設計に関するアンケート調査」を実施しました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

(公財)生命保険文化センターと(公財)消費者教育支援センターは共同で
「高校生の消費生活と生活設計に関するアンケート調査」を実施しました。

この調査は、高校生の普段の生活行動から、消費者としての側面、生活設計に
関する考え方などについて明らかにすることを目的に実施しています。平成24
年度につづいて、4年ぶり2回目の調査となります。ぜひご覧ください。

◇調査報告書はこちらから◇
⇒http://www.jili.or.jp/press/2017/nwl1.html?lid=mm298

-----------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒http://jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm298
-----------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm298
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm298
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒http://www.jili.or.jp/?lid=mm298
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ