生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2016年10月28日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2016/10/28  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.291」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]エッセイ  川端 薫さん 第4回

    「"高齢社会"を生きる 〜「生きる」ということ〜」

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

  1.定年後働くと、厚生年金の年金額が減ってしまう?
    〜最新版小冊子「ねんきんガイド」より(2)〜

[Ⅲ]もぎたて生情報!

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
10月31日はハロウィンです。日本では仮装をするイメージが強いですが、ハロ
ウィンは本来、日本のお盆のように死者がこの世に戻ってくるといわれている行
事です。仮装はその死者に取りつかれないように、また、死者が仮装した人間に
驚いてあの世に戻ってくれるようにという魔除けの意味があります。日本のお盆
とはかなり違いがありますね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]エッセイ 第4回

   「"高齢社会"を生きる 〜「生きる」ということ〜」

           川端薫社会保険労務士事務所  川端 薫 さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

3回にわたって綴ってきた私の父の長期入院と介護生活。父の最期は老健(介護
老人保健施設)で看取ってもらいました。父が他界する1ヶ月ほど前に「一度、
ご家族全員で一緒に来所して欲しい」という連絡が入りました。良い話ではない
ということは想像でき、私と母そして妹の3人で父が利用している老健を訪ねま
した。老健の医師から「お父様は衰弱が激しくこのままでは年内いっぱいだと思
います。今後延命治療を行うことができますが、延命治療を始めるか、それとも
延命治療を受けないかをご家族で話し合って決めてください」と言われ、「遂に
来るべき時がきた」と思いました。その場で判断することはできなかったため、
1週間ほど時間をもらうことにしました。

家族3人で時間をかけて話し合い、結論として「延命治療を受けない」ことにし
ました。基本的に「延命治療を受けない」方向で話が進みましたが、それでも心
のどこかに引っかかるものがあり、なかなか結論は出せませんでした。最終的
に長女である私が決断のうえ、母・妹が合意をして家族全員の意思としました。

その旨を老健に伝え、その後はそれまでよりも頻繁に誰かが父に会いに行くよ
うにしました。父が亡くなる5日前の日曜日も・・
【続きは下記URLをクリック】

◇エッセイの全文はこちらから◇
⇒http://www.jili.or.jp/kuraho/2016/essay/web07/web07.html?lid=mm291

◇エッセイのバックナンバーはこちらから◇
⇒http://www.jili.or.jp/kuraho/essay/?lid=mm291


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.定年後働くと、厚生年金の年金額が減ってしまう?
    〜最新版小冊子「ねんきんガイド」より(2)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

定年後も今までの会社に継続して勤務したり、再就職したりする人が多いよう
です。
年金を受け取りながら働く場合、年金額はどうなるのでしょうか?
今回は、在職中の収入と老齢厚生年金の調整のしくみ「在職老齢年金」を取り上
げます。


●厚生年金はいつから受け取れる?
老齢厚生年金は、支給開始年齢の引き上げが行われています。
性別・生年月日によって支給開始年齢は異なります。
例えば、今年60歳になる昭和31年度生まれの女性は60歳から、男性は62歳から
「報酬比例部分」の年金を受け取れます。
※共済年金に加入していた女性の支給開始年齢は男性と同じです。

◇「老齢厚生年金の支給開始年齢」について、詳しくはこちらから◇
⇒http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/15.html?lid=mm291


●在職老齢年金とは?
老齢厚生年金を受け取れる人が、60歳以降も働いて厚生年金の被保険者になって
いる場合、年金の一部または全部が支給停止されるしくみです。
「年金額」と「月給・賞与」に応じて支給停止額が決まりますが、60歳台前半と、
65歳以降とでは計算のしくみが異なります。
※金額によっては、年金が支給停止されない場合もあります。

◇「在職老齢年金」について、詳しくはこちらから◇
⇒http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/13.html?lid=mm291

定年後は、短時間勤務で働く場合も多いようです。厚生年金の被保険者にならな
い範囲で働く場合は、在職老齢年金の対象になりませんので、年金が減額される
こともありません。


当センターでは在職老齢年金のほかにも公的年金の基礎知識や個人年金保険の基
本的なしくみについて、図表や具体的な計算事例、Q&Aを用いてわかりやすく
解説した小冊子「ねんきんガイド」(2016年9月改訂版)を発行しています。
ぜひ、ご活用ください(B5判、68ページ、1部100円・送料別)。

◇「ねんきんガイド」についてはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html#nenkin_guide

◇出版物のご購入ページはこちら◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm291

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今号のメールマガジンについてお聞きします。

●『定年後働くと、厚生年金の年金額が減ってしまう?』について、次の選択
 肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm291

-----------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒http://jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm291
-----------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm291
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm291
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒http://www.jili.or.jp/?lid=mm291
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ