生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2016年10月13日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2016/10/13  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.290」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

  1.公的年金には遺族保障もある?
    〜最新版小冊子「ねんきんガイド」より(1)〜

[Ⅱ]もぎたて生情報!

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

  2. 「教育の現場から」を更新しました。

────────────────────────────────────
すっかり秋めいてきましたが、冬支度はできていますか?
衣類や暖房器具など出し始めた方もいるのではないでしょうか。暖かい日が続い
たり、暖かい日と寒い日が交互に来たりするので、後回しになってしまうかもし
れませんが、本格的な冬の到来の前に忘れずに準備したいものですね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.公的年金には遺族保障もある?
    〜最新版小冊子「ねんきんガイド」より(1)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

公的年金制度には、加入者などが亡くなった場合に、生計を維持されていた遺族
が受け取れる「遺族年金」があります。そして、遺族年金には、「遺族基礎年金」
と「遺族厚生年金」があります。
※生計を維持されていたと認められるためには、遺族の年収が850万円未満であ
 ることが必要です。

●遺族基礎年金は誰が受け取れる?
 遺族基礎年金は、子供のいる妻、子供のいる夫、または子供が受け取れます。
 子供がいない場合は受け取れません。
 なお、子供とは18歳の年度末まで(1、2級障害のある場合は20歳未満)の子
 供です。
※「子供のいる夫」が遺族基礎年金を受け取れるのは、妻の死亡が平成26年4月
 以降の場合に限られます。


●専業主婦が亡くなった場合も遺族基礎年金は受け取れる?
 会社員や公務員などの第2号被保険者に扶養されている人(専業主婦など)は国民
 年金の第3号被保険者です。国民年金保険料を負担していませんが、第3号被保
 険者が亡くなった場合でも、上記の遺族は遺族基礎年金を受け取れます。
 なぜなら、第3号被保険者の死亡で遺族年金が受け取れないと、例えばずっと
 第2号被保険者だった人が、たまたま第3号に変わった直後死亡したような場合
 でも遺族年金が受け取れなくなってしまうからです。


●遺族厚生年金は誰が受け取れる?
 遺族厚生年金は、子供がいる、いないにかかわらず受け取ることができます。
 受け取れるのは、【1】妻、夫、子供、【2】父母、【3】孫、【4】祖父母です。
※妻を除いて年齢の条件があります。また、受取順は上記のとおりですが、受け
 取っていた先順位者が受け取れなくなった場合、次順位者が代わって年金を受
 け取ること(転給)はできません。

◇遺族年金の年金額のめやすはこちら◇
⇒http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/provision/11.html

当センターでは遺族年金のほかにも公的年金の基礎知識や個人年金保険の基本的
な仕組みについて、図表や具体的な計算事例、Q&Aを用いてわかりやすく解説
した冊子「ねんきんガイド」(2016年9月改訂版)を発行しています。ぜひ、ご
活用ください(B5判、68ページ、1部100円・送料別)。

◇「ねんきんガイド」についてはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html#nenkin_guide

◇出版物のご購入ページはこちら◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm290

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今号のメールマガジンについてお聞きします。

●『公的年金には遺族保障もある?』について、次の選択肢から選んでください
(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm290

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.「教育の現場から」を更新しました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「教育の現場から」は人生や社会生活に役に立つ金融教育・生活設計教育に取り
組む先生の授業内容や当センターの活動を紹介するコーナーです。

 2016年度「教育の現場から」 第4回は、

 「家庭科授業実践 e−ラーニングによる生活設計(ライフプラン)のすすめ」

         大阪府立茨木西高等学校 西田 恵理 先生

◇「教育の現場から」はこちらから◇
⇒http://www.jili.or.jp/kuraho/kyoiku/index.html?lid=mm?lid=mm290

-----------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒http://jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm290
-----------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm290
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm290
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒http://www.jili.or.jp/?lid=mm290
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ