生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2016年8月12日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇  2016/8/12 ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.286」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

  1.データでみるセカンドライフの生活費
    〜最新版小冊子「定年Go!」より(1)〜

[Ⅱ]もぎたて生情報!

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
皆さんは、自分がどこの保険会社に加入しているか等、ご家族と話をすることは
ありますか。生命保険文化センターへ寄せられるご質問の中には「親が亡くなっ
てしまったが、どこの保険会社に加入していたのか分からない。」というものが
あります。この場合、保険会社から送られてくる郵便物やもらったカレンダーな
どを探し、通帳があれば保険会社から引き落としをされていないか等を調べても
らっています。それでも分からない場合は一社ずつ保険会社のコールセンターへ
確認をすることになります。亡くなってしまった後に調べるのは本当に大変です。
お盆で帰省するこの機会に家族と保険加入事情を話してみてはいかがでしょうか。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.データでみるセカンドライフの生活費
   〜最新版小冊子「定年Go!」より(1)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

第二の人生には経済的な準備が欠かせません。
老後を夫婦2人で暮らしていくうえで、最低限必要だと考える生活費は月額22万
円、ゆとりある生活のために必要だと考える生活費は月額35.4万円というデータ
もあります(生命保険文化センター「平成25年度生活保障に関する調査」)。
今回は、セカンドライフの生活費に関するデータをいくつか紹介します。


1)定年後の消費支出(月額)はどのくらい?
  世帯主が60歳以上で、2人以上の世帯(無職世帯)の消費支出は約25万円と
 なっています。内訳として、食料費が66,517円 、次いで交通・通信費が
 28,448円、教養娯楽費が25,405円となっています。世帯主が50歳代で、2人
 以上の世帯(勤労者世帯)の消費支出約35万円と比べると、約7割に減少して
 います。
 なお、60歳以上の単身無職世帯の消費支出は約14万円となっており、食料費が
 35,137円、教養娯楽費が15,804円、住居費が13,814円となっています。
 <総務省の家計調査年報(平成27年)>


2)地域別で生活費に差はあるの?
 平成27年の2人以上の世帯の消費支出(月額)を地域別にみると、最も高いの
 は関東と北陸の約30.2万円、最も低いのは沖縄の約21.5万円で、約8.7万円
 の開きがあります。

●地域別でみる2人以上の世帯の家計(月額)
 北海道 25.6万円  東北 26.6万円  関東 30.2万円  北陸30.2万円
 東海  28.9万円  近畿 28.7万円  中国 28.1万円  四国27.6万円
 九州  26.9万円  沖縄 21.5万円
 <総務省の家計調査年報(平成27年)>


3)年代別で生活費に差はあるの?
 2人以上の世帯の消費支出(月額)を55歳以上の年代別にみると、55〜59歳の
 約33.0万円が最も高く、年齢を重ねるごとに消費支出は減少しています。

●世帯主の年代別にみる2人以上の世帯の家計(月額)
 55〜59歳 33.0万円  60〜64歳 29.6万円  65〜69歳 28.4万円
 70歳〜  23.9万円
 <総務省の家計調査年報(平成27年)>


4)老後に向けた国内移住は?
 老後の生活を考え、現在住んでいる地域に住み続けたいと思うか聞いたところ、
 「現在の地域に住み続けたい」とする人は79.2%、「別の地域へ移住をしたい」
 とする人は19.1%となっています。また、老後の生活について移住を希望する
 人に具体的にどのような地域へ移住したいか聞いたところ、「農山漁村地域」
 と答えた人が20.3%、「地方都市部」と答えた人が55.2%、「大都市部」と答
 えた人が14.0%、「海外」と答えた人が9.6%となっています。
 <内閣府「国土形成計画の推進に関する世論調査(平成27年度)」>


「公的年金だけでは生活費が足りない」「公的年金の支給開始までの生活費を
準備したい」と考えた場合、個人年金保険や変額個人年金保険に加入して準備
するという方法があります。今からしっかりと老後に向けた計画をたてて、豊
かなセカンドライフを過ごしたいものですね。

当センターの小冊子「定年Go!」では、定年後に向けた資金計画、公的年金
・医療保険・介護保険といった社会保障制度や税金の仕組みなど、セカンドラ
イフに必要なことをわかりやすく紹介しています。

◇「定年Go!」についてはこちら◇
⇒http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm286

◇出版物のご購入ページはこちら◇
⇒https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm286


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今号のメールマガジンについてお聞きします。

●『データでみるセカンドライフの生活費』に関し、次の選択肢から選んでくだ
さい(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm286

-----------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒http://jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm286
-----------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm286
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm286
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒http://www.jili.or.jp/?lid=mm286
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ