生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2016年2月26日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 2016/ 2/26 ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.275」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]エッセイ   藤田 由紀子さん 第5回

    「支出リスクにも収入リスクにもなる『自分や家族の病気』」

[Ⅱ]第53回 中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第8回)

    優秀賞 「思いやりの形」

[Ⅲ]知っ得ミニ情報!

   1.子どもの教育費はどれくらいかかる?
  〜最新版小冊子「ライフプラン情報ブック」より(1)〜

[Ⅳ]もぎたて生情報!

    1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
2月中旬ごろ「春一番」が吹いたと発表されましたが、立春以降に吹く、その年
初めての強い南寄りの風を「春一番」と言います。

春の訪れを告げる風とはいえ、その後は「三寒四温(寒い日が3日、暖かい日が4日
続くこと)」をくり返し、冬と春を行きつ戻りつしながら、春本番を迎えるそうです。
季節の変わり目で体調を崩す人も多いようですので、いつも以上に健康に気を付
けたいですね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]エッセイ 第5回

   「支出リスクにも収入リスクにもなる『自分や家族の病気』」

            大東文化大学 非常勤講師 藤田 由紀子 さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

主要な支出リスク要因としての「自分や家族の病気」

言うまでもないが、お金は大切な生活資源である。日々の生活を充実させ、将来
の目標を実現するために、できるだけ自分や家族の望むもの、為になることに使
いたいと思うのだが、なかなかそうはいかない。しかも時折、思いもかけなかっ
た出来事に多額の支出を余儀なくされ、生活を見直す必要に迫られることがある。
それを「支出リスク」と呼ぼう。

生命保険文化センターの「生活設計に関する調査」でも、「生活に大きな影響を
与えるほどの多額の支出をいちどきにしなくてはならなかった経験」、すなわち
支出リスクの経験は、全体で約3割の人が「あり」と回答している。
・・・【続きは下記URLをクリック】


◇エッセイの全文はこちらから◇
⇒ www.jili.or.jp/kuraho/2015/essay/web11/web11.html?lid=mm275

◇エッセイのバックナンバーはこちらから◇
⇒ www.jili.or.jp/kuraho/essay/?lid=mm275


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅱ]第53回 中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第8回)

   優秀賞 「思いやりの形」

          大分県 竹田市立緑ヶ丘中学校 三学年 長谷 千晴さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私が生まれる一カ月前の一月四日、初孫である私の顔を見ることも抱くこともな
いまま、祖父はこの世を去っていった。くも膜下出血という脳出血で、一年の闘
病の末、六十一歳で亡くなった。祖母は祖父が息を引き取るまでの一年間毎日病
院に通い、かたくなった手足をさすり、反応のない祖父に言葉をかけ続けたと言
う。

祖父は転勤族で定年までの間、色々な地で仕事をしてきた。六十歳で定年を迎え、
田舎にもどり祖母との老後をゆっくり過ごすはずだった。
しかし・・・【続きは下記URLをクリック】


◇作文の全文(PDF)はこちらから◇
⇒ www.jili.or.jp/school/concours/pdf/contest53_zenkoku_08.pdf


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.子どもの教育費はどれくらいかかる?
  〜最新版小冊子「ライフプラン情報ブック」より(1)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

人の一生の中で「結婚」「出産・育児」「教育」「住宅取得」は、相応の出費を
伴う代表的なライフイベント(生活課題)と言えるでしょう。今回はその中でも
「教育」の費用についてご紹介します。より良い教育の定義は人によってさまざ
まですが、「親としてこんな教育を受けさせたい」もしくは「子どもが自発的に
こんな教育を受けたい」と考えたときに、どの程度費用がかかるのか知っておく
と生活設計を立てる上での指針になるのではないでしょうか。

●「公立」と「私立」でどれだけ教育費の違いがあるの?

幼稚園から高等学校までにかかる教育費について、「公立」と「私立」ではどの
程度違いがあるのでしょうか。

文部科学省「子供の学習費調査」(平成26年度)によると、幼稚園(3年)から
高等学校まで全て公立の場合、約530万円。全て私立の場合は、約1,770万円と
なっています。また、幼稚園(3年)から小学校までは公立、中学校から高等学
校は私立に通った場合、約960万円となっています。
注:学習費は学校教育費、学校給食費、学校外活動費の合計。

●幼稚園から高等学校までの学習塾にかけている費用の平均は?

学校外活動費の中で大きなウェイトを占めているのは学習塾費です。学習塾費
を支出した割合と費用の平均についてご紹介します。

文部科学省「子供の学習費調査」(平成26年度)によると、学習塾費を支出し
た人の割合としては、公立中学校が最も高く70.1%となっています。支出した
人のうち年間支出額の平均をみると、私立高等学校が36.5万円で最も多くなっ
ています。
注:「支出平均額」とは、学習塾費を支出した人の平均額。

最新版の「ライフプラン情報ブック」(B5判、カラー60ページ、1部200円・送料別)
では、今回紹介した教育費に関するデータのほかにも、生活設計の中心となるライ
フイベントの費用やいざというときに備える保障に関するデータ、家計・資産形成
に関するデータなど幅広く掲載しています。
ぜひご一読ください。


◇小冊子「ライフプラン情報ブック」についてはこちらから◇
⇒ www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm275

◇小冊子のお申込みはこちらから◇
⇒ www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm275

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅳ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今号のメールマガジン「知っ得ミニ情報!」についてお聞きします。

●『子どもの教育費はどれくらいかかる?』について、次の選択肢から選んで
ください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった


ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm275

-------------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒ jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm275
--------------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから
⇒ www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm275
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
---------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm275
---------------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ www.jili.or.jp/?lid=mm275
---------------------------------------------------------------------------
ページトップへ