生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2016年2月12日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 2016/2/12  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.274」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]第53回 中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第7回)

    優秀賞  「大きな安心と絶対の保障」

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

   1.個人年金保険を受け取ったときの税金は?
    〜最新版小冊子「生命保険と税金の知識」より(3)〜

[Ⅲ]もぎたて生情報!

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

  2.「教育の現場から」を更新しました。

────────────────────────────────────
バレンタインデーの時期がやってきました。

日本では、女性から男性への本命チョコ、義理チョコ、友達への友チョコなどを
贈る習慣がありますが、他の国や地域ではバレンタイン事情が変わるようです。
ヨーロッパでは恋人へのプレゼントはチョコレートに限定されているわけでは
なく、恋人たちが愛を確かめ合う日となっています。
また、アメリカでは恋人同士だけでなく夫婦や親子、友人同士でプレゼントを
贈り合うことがあり、特に男性から女性へのプレゼントには花を贈ることが
多いようです。

各国のバレンタインデー事情を調べてみるのもおもしろそうですね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]第53回 中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第7回)

   優秀賞  「大きな安心と絶対の保障」

         愛媛県 新居浜市立中萩中学校 一学年 越智 仁頼さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

生命保険が、人生の大切な備えになることは知っている。

僕達の年齢では、あまり意識する機会のない保険について、自分が知識を持って
いるのは、一つの病気がきっかけだった。

僕は小さい頃から、坂道を軽く走っただけで呼吸が乱れ、周りから運動不足と笑
われた。冬場などは、三十八度超えの熱にうかされることも頻繁にあり、そんな
僕に両親は
「大きくなれば体も強くなるから大丈夫。」
といつも励ましてくれた。

小学校に入学して初めての心電図で異常が見つかり、再検査の為に県立病院を受
診した。レールの上を・・・【続きは下記URLをクリック】


◇作文の全文(PDF)はこちらから◇
⇒ www.jili.or.jp/school/concours/pdf/contest53_zenkoku_07.pdf


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.個人年金保険を受け取ったときの税金は?
  〜最新版小冊子「生命保険と税金の知識」より(3)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今回は、個人年金保険を受け取ったときの税金についてご紹介します。

●契約者(保険料負担者)と年金受取人が「同一人の場合」の税金は?

契約者(保険料負担者)と年金受取人が同一人の場合、毎年受け取る年金は雑
所得として所得税・住民税の課税対象となります。雑所得の金額は、総収入
(今年の年金額)−必要経費(払込保険料のうち今年の年金額に対応する金額)
で計算します。
なお、雑所得は単独で課税されません。給与所得や事業所得などと合わせて総
合課税されますので、原則として確定申告が必要です。

◇個人年金保険の年金を受け取って所得税がかかるときの計算方法は?◇
⇒ www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/tax/tax_q6.html?lid=mm274


●個人年金保険の年金から源泉徴収されないの?

個人年金保険契約に基づく年金は、年金額からその年金額に対応する払込保険
料を控除した残額(上記の雑所得金額)が25万円以上あると、その金額の
10.21%が所得税として源泉徴収されます。
ただし、契約者と年金受取人が異なる場合は、源泉徴収されません。

なお、年金から所得税が源泉徴収されても、「源泉分離課税」とは異なり課税
関係が終了するわけではありません。確定申告により精算することが必要で、
所得の状況によっては税金が還付される場合もあります。

※確定申告の必要がない給与所得者の場合は、雑所得などの合計額が20万円
以下であれば、確定申告をしなくてもよい制度があります。
また、公的年金等の収入が400万円以下で、かつ、その年金以外の所得が
20万円以下の場合も確定申告をしなくてよいことになっています。
ただし、医療費控除などで確定申告を行う場合は20万円以下の所得の申告も
必要です。


●年金の受取開始後に、年金の一括受取をする場合、その一括受取額に対して
の税金はどうなる?

 個人年金保険の種類により異なります。

(1)確定年金の場合
将来の年金給付の総額に代えて一時金で受け取ることになり、契約も
その時点で消滅するので、一括受取額は「所得税(一時所得)」として
課税されます。

(2)保証期間付終身年金の場合
保証期間にかかる年金については一括受取できますが、保証期間経過
後に被保険者が生存していると、再び年金を受け取ることができるの
で、一括受取額は「所得税(雑所得)」として課税されます。

※(1)(2)とも、所得税のほかに住民税が課税されます。


最新版の「生命保険と税金の知識」(B5判、カラー52ページ、1部100円・送料
別)では、今回個人年金保険のほかにも、死亡保険金や満期保険金を受け取った
場合の具体的な計算事例やQ&Aで生命保険と税金の関わりをわかりやすく解説
しています。ぜひご一読ください。

◇小冊子「生命保険と税金の知識」についてはこちらから◇
⇒ www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm274

◇小冊子のお申込みはこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm274

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今号のメールマガジンについてお聞きします。

●「個人年金保険を受け取ったときの税金は?」について、次の選択肢から選
んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm274

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.「教育の現場から」を更新しました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「教育の現場から」は人生や社会生活に役に立つ「実学」的な授業に取り組む
先生にご寄稿いただき、その授業内容を紹介するコーナーです。

 2015年度「教育の現場から」 第11回は、

 「自分たちでシナリオをつくる家庭科「悪質商法」の学習」

                 大阪府立貝塚高等学校  谷 昌之 先生

◇「教育の現場から」はこちらから◇
⇒ www.jili.or.jp/kuraho/kyoiku/index.html?lid=mm?lid=mm274


-----------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒ jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm274
-----------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm274
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm274
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ www.jili.or.jp/?lid=mm274
-----------------------------------------------------------------------
ページトップへ