生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2016年1月28日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 2016/ 1/28 ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.273」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]エッセイ   藤田 由紀子さん 第4回

    「生活資源としての家族」

[Ⅱ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第6回)

    優秀賞 「未来設計図」

[Ⅲ]知っ得ミニ情報!

   1.入院給付金に税金はかかるの?
    〜最新版小冊子「生命保険と税金の知識」より(2)〜

[Ⅳ]もぎたて生情報!

    1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
1月28日は「データプライバシーデー」です。
データの守秘と保護意識の向上に向けた取り組みとして欧州連合(EU)が提唱し、
毎年1月28日をデータプライバシーデーと定め、2008年よりスタートしまし
た。現在はアメリカ、カナダ、EU諸国の27カ国で毎年関連した記念行事を
行っています。
マイナンバー制度が導入され、ますますデータ管理の必要性が高まっています。
皆さんもデータ管理にはくれぐれもご注意ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]エッセイ 第4回

   「生活資源としての家族」

            大東文化大学 非常勤講師 藤田 由紀子 さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

一年の計は元旦にあり。生活設計も。

2016年1月。新しい年が始まった。自分が歳を重ねたせいか、社会のイベントが
増えたせいか、年々新鮮さは薄れていく気はするものの、やはり気が引き締まる。
「一年の計は元旦にあり」。まさに、1月は生活設計を始めたり、見直したりする
のに最適な時期ではなかろうか。

ところで、生活設計において、将来どのような生活を送りたいかを思い描くとい
うことは、何かをしたい・実行する、という行動計画だけではなく、どのような
自分でありたいのか、どのような家族や友人でありたいのか、何を大切にしていく
のかという、自分のもつ“資源”やその構成、そして今後のそれらの構築を考えて
いくことでもある。

この大切な資源のひとつに・・・【続きは下記URLをクリック】


◇エッセイの全文はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/2015/essay/web10/web10.html?lid=mm273

◇エッセイのバックナンバーはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/essay/?lid=mm273


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅱ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第6回)

   優秀賞 「未来設計図」

          長野県 中野市立南宮中学校 二学年 山田 奏海さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私は今まで、深く“保険„と関わったことがありません。テレビのコマーシャル
でならよく見かけますし、名前もよく聞きます。しかし、なにも考えずに、ただ
ボーっと見ているだけ。なので私は保険について、なんの知識もありませんでし
た。

なにも知らずにこの作文を書くのは大変です。でもこの状態のまま大人になって
生活していく方がもっと大変だと思った私はまず、父の保険を教えてもらうこと
にしました。父は、家族のために病気やケガに備えた保険にしっかり入ってくれ
ていました。私はまだ、保険のお世話になったことがなかったので知りませんで
したが、いつなにがあってもいいように家族を守ってくれていた親と保険には感
謝しなければいけないなと思います。

私は十代の学生です。なので・・・【続きは下記URLをクリック】


◇作文の全文(PDF)はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/concours/pdf/contest53_zenkoku_06.pdf


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.入院給付金に税金はかかるの?
  〜最新版小冊子「生命保険と税金の知識」より(2)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

生命保険契約に基づく給付金で、身体の傷害に基因して支払われるものは、税法
上非課税とされています。そのため、不慮の事故や疾病により受け取れる入院給
付金は非課税です。

●どのような保険金・給付金が非課税となるの?

入院給付金のほか、以下に記載のものなどは非課税です。

・手術給付金           ・通院給付金
・退院給付金           ・障害保険金(給付金)
・特定損傷給付金         ・がん診断給付金
・特定疾病(三大疾病)保険金   ・先進医療給付金
・高度障害保険金(給付金)    ・リビング・ニーズ特約保険金
・介護保険金(一時金・年金)                    など

※被保険者が生前に受け取った保険金などを使い残して死亡した場合、残った
 保険金部分は相続財産として相続税の課税対象となります。


●医療費控除を申告して税金の還付を受ける場合は?

生命保険会社から受け取った入院給付金などについては非課税ですが、入院など
により医療費が高額となり、確定申告して医療費控除を受ける場合には、医療費
の金額からその入院給付金額を差し引いて申告しなければなりません。
なお、入院給付金などを差し引くのは、その給付などの原因になった傷病などの
医療費からです。もし引ききれない場合でも、他の医療費から差し引く必要はあ
りません。

※医療費控除
 自分や家族のために1年間に支払った医療費の金額が10 万円(または合計所
得金額の5%のいずれか低い方)を超えると、その超えた金額(200 万円を限
度)を確定申告することによってその年の所得から差し引くことができます。

※医療費控除の手続き等について
医療費控除を受ける場合は医療費の領収証等を確定申告書に添付するか、提出
する際に提示する必要があります。交通費など領収証がないものは日時、経路、
運賃などをメモしておきましょう。なお、健康保険組合が発行する「医療費の
お知らせ」は領収証等にはあたりません。


最新版の「生命保険と税金の知識」(B5判、カラー52ページ、1部100円・送料
別)では、今回紹介した支払調書のほかにも、所得税・住民税の負担が軽減され
る生命保険料控除など、具体的な計算事例やQ&Aを多用して生命保険と税金と
の関わりをわかりやすく解説しています。
ぜひご一読ください。


◇小冊子「生命保険と税金の知識」についてはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm273

◇小冊子のお申込みはこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm273

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅳ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今号のメールマガジン「知っ得ミニ情報!」についてお聞きします。

●『入院給付金に税金はかかるの?』について、次の選択肢から選んでください
(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった


ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm273

-------------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒ http://jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm273
--------------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm273
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
---------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm273
---------------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ www.jili.or.jp/?lid=mm273
---------------------------------------------------------------------------
ページトップへ