生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2016年1月15日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2016/1/15  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.272」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第5回)

    優秀賞  「祖母からの贈り物」

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

   1.生命保険会社から税務署へ提出される「支払調書」とは?
    〜最新版小冊子「生命保険と税金の知識」より(1)〜

[Ⅲ]もぎたて生情報!

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

  2.「教育の現場から」を更新しました。

────────────────────────────────────
おかげをもちまして生命保険文化センターは1月5日に設立40周年を迎えま
した。これまでの皆様のご支援に心より感謝いたしますとともに、この機会に、
あらためて設立の原点および公益性の観点を踏まえ、皆様のお役に立つ情報の
提供をより一層推進していきたいと考えています。
引き続き当メールマガジンのご愛読をよろしくお願いいたします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第5回)

   優秀賞  「祖母からの贈り物」

         新潟県 上越教育大学附属中学校 一学年 大山 智さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

中学校の入学式が行われた日の夜、母が、無言で一通の祝儀袋を私に差し出し
た。それは、ごく普通の祝儀袋だった。しかし、私はそれを見てハッと息を飲
んだ。なぜなら“入学祝”という文字の下に“石田のばあちゃんより”と書か
れていたからだ。

祖母は、三年前に既に他界していた。私は不思議に思い、母の顔を見ると、母
は、「開けてごらん。」と、小さな声で言った。私は母の言葉通り祝儀袋を開
けてみて、更にびっくりした。祝儀袋の中には現金が入っているものとばかり
思っていたが、そこには“保険証券”と書かれた紙が一枚だけ入っていたから
である。何が何だか分からなくて呆然としている私に、母が説明してくれた。

私が生まれた時、・・・【続きは下記URLをクリック】


◇作文の全文(PDF)はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/concours/pdf/contest53_zenkoku_05.pdf


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.生命保険会社から税務署へ提出される「支払調書」とは?
  〜最新版小冊子「生命保険と税金の知識」より(1)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今回は、最新版の小冊子「生命保険と税金の知識」(2016年1月改訂版)から、
生命保険契約等の「支払調書」についてご紹介するととともに、マイナンバー
制度に関する情報をお届けします。


●どのようなときに生命保険会社は税務署に「支払調書」を提出するの?

生命保険会社は、一定の金額を超える保険金や年金などを支払う場合、「支払
調書」を税務署に提出するよう義務付けられています。

※支払調書の提出は、「税金がかかるかどうか」に関係なく行われます。
※源泉分離課税の場合は、課税が終了しているため、提出されません。


【一時金を支払う場合:満期保険金、死亡保険金、解約返戻金、祝金など】

(1)所得税(一時所得)の課税対象となる場合は、1回の支払金額が100万円
  を超えるものについて提出されます(提出期限は翌年の1月31日)。

(2)相続税・贈与税の課税対象となる場合は、支払われる保険金額が100万円
  を超えるものについて提出されます(提出期限は翌月15日)。


【年金を支払う場合:個人年金などの年金】

・所得税(雑所得)の課税対象となります。
 その年中の年金の支払金額が20万円を超えるものについて提出されます。
 ただし、契約者と年金受取人が異なる場合は、支払金額に関わらず提出され
 ます(提出期限は翌年の1月31日)。


●マイナンバー制度導入に伴う「支払調書」の変更点は?

平成28年1月以降に支払う保険金等について、生命保険会社は「支払調書」を
作成する際に、マイナンバーを記載することになりました。

今後は、100万円を超える保険金や解約返戻金、20万円を超える年金を受け取
る場合に、契約者および受取人のマイナンバーを生命保険会社から求められる
ことになります。


なお、平成30年から契約者の死亡による契約者変更(死亡保険金が支払われな
い場合)の「支払調書」が新設されます。

同時に支払調書が改正され、契約者の死亡によらない契約者変更があった場合
は、保険金等の支払時の契約者が払い込んだ保険料の額などを支払調書に記載
することになります。
※平成30年1月1日以降の契約者変更について適用されます。


最新版の「生命保険と税金の知識」(B5判、カラー52ページ、1部100円・送料
別)では、今回紹介した支払調書のほかにも、死亡保険金や満期保険金を受け
取った場合の具体的な計算事例やQ&Aで生命保険と税金の関わりをわかりや
すく解説しています。ぜひご一読ください。

◇小冊子「生命保険と税金の知識」についてはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm272

◇小冊子のお申込みはこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm272

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今号のメールマガジンについてお聞きします。

●「生命保険会社から税務署へ提出される『支払調書』とは? 」について、
 次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm272

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.「教育の現場から」を更新しました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「教育の現場から」は人生や社会生活に役に立つ「実学」的な授業に取り組む
先生にご寄稿いただき、その授業内容を紹介するコーナーです。

 2015年度「教育の現場から」 第10回は、

 「『信用』から考える金融経済教育〜社会保障教育の単元指導計画を例に〜」

                 東京都立国際高等学校  宮崎 三喜男 先生

◇「教育の現場から」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/kyoiku/index.html?lid=mm?lid=mm272

-----------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒ http://jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm272
-----------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm272
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm272
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm272
-----------------------------------------------------------------------
ページトップへ