生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2015年7月9日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2015/7/9   ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.260」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

  1.生活設計情報から(第3回):老後の生活は?

[Ⅱ]もぎたて生情報!

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

  2.「教育の現場から」を更新しました。

────────────────────────────────────
一昨日の7月7日は七夕でしたが、短冊に願いを書いた方も多かったのでは?
ところで、七夕祭りは新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の
時期に各地で開催されています。仙台の七夕祭りをはじめ、これからのところ
もまだたくさんありますので、足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.生活設計情報から(第3回):老後の生活は?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

結婚、教育、住宅、老後、介護、資産形成など、生活設計を立てるために必要
な情報をわかりやすくまとめたコンテンツ「ひと目でわかる生活設計情報」
(157項目)を掲載しています。

◇「ひと目でわかる生活設計情報」の一覧はこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/index.html?lid=mm260

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今回のテーマは「老後」です。
「老後」は収入が少なくなるため、生活設計を考えるうえで生活資金を確保し
ておくことが重要なポイントになります。


●進む少子高齢化…

平成22年(2010年)の「国勢調査」では、総人口に占める15歳未満人口の割合
は約13%、65歳以上人口の割合は23%となっています。
今後もますます少子高齢化が進むといわれていますが、どのくらい少子高齢化
は進むのでしょうか?

国立社会保障・人口問題研究所の「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推
計)」によれば、平成52年(2040年)には15歳未満人口は10%となる一方で、
65歳以上人口は約36%、生産年齢人口(15-64歳)は約54%になります。
その結果、平成52年には1人の高齢者を1.5人の生産年齢人口で支えることにな
ります。

◇「少子高齢化はどれくらい進むの?」について詳しくはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/14.html?lid=mm260


●長期化する老後、誰と暮らす?

厚生労働省「簡易生命表(平成25年)」によると、平均寿命は男性が80.21歳、
女性が86.61歳となっています。
長くなった老後を「誰と過ごすか」という観点も老後の充実を図るうえで重要
なポイントとなります。

内閣府「国民生活に関する世論調査(平成26年度)」によると、「一般的に、
老後は誰とどのように暮らすのがよいと思うか」の問いに対し、「子どもたち
とは別に暮らす」と答えた人が全体で36.3%、「子どもの近くに住む」という
人は33.6%となっています。

一方、同居を望む回答は「息子(夫婦)と同居する」(12.0%)、「娘(夫婦)
と同居する」(5.5%)、「どの子(夫婦)でもよいから同居する」(5.8%)
を合わせ、全体で23.3%となっています。

◇「老後は誰とどのように暮らしたい?」について詳しくはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/4.html?lid=mm260


●老後の生活費はどうなる?

総務省「家計調査報告(2014年平均速報)」によると、世帯主が60歳以上で無
職である世帯(世帯員2人以上)の家計では、実収入から非消費支出(税・社
会保険料等)を差し引いた可処分所得約17.6万円に対して、消費支出は約24.7
万円で、1カ月間に約7.1万円が不足しています。

また、60歳以上の単身無職世帯の家計をみると、可処分所得約10.2万円に対し
て、消費支出は約14.3万円で、約4.2万円が不足しています。

年金収入だけでは、老後の生活費をまかないきれないケースも多くあるようで
す。早めに不足分を準備しておきたいものです。

◇「老後の生活費はどれくらい?」について詳しくはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/11.html?lid=mm260


●ゆとりある老後生活費は?

最低限の生活費にプラスして、旅行やレジャー、趣味にかける資金など「ゆと
り資金」も想定すると、いくらくらい必要になるでしょうか?

生命保険文化センターの「平成25年度 生活保障に関する調査」によると、老
後を夫婦2人で暮らす場合の「ゆとりある老後生活費(希望額)」は月額で平
均35.4万円となっています。
※最低日常生活費(22.0万円)+ ゆとりのための上乗せ額(13.4万円)

◇「老後の生活費はいくらくらい必要と考える?」について詳しくはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/7.html?lid=mm260


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今号のメールマガジンについてお聞きします。

●『老後の生活は?』について、次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm260

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.「教育の現場から」を更新しました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「教育の現場から」は人生や社会生活に役に立つ「実学」的な授業に取り組む
先生にご寄稿いただき、その授業内容を紹介するコーナーです。

 2015年度「教育の現場から」 第4回は、

   『消費は私たちの投票権〜フェアトレードから消費経済を考える』

       大阪府立春日丘高等学校 家庭科 池原 佳子 先生です。

◇「教育の現場から」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/kyoiku/index.html?lid=mm?lid=mm260

-----------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒ http://jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm260
-----------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm260
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm260
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm260
-----------------------------------------------------------------------
ページトップへ