生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2015年5月14日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2015/5/14  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.256」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

  1.退職後の公的医療保険制度
       〜最新版小冊子「定年Go!」より(1)〜

[Ⅱ]もぎたて生情報!

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

  2.2014(平成26)年度の相談受付状況がまとまりました!

  3.「教育の現場から」を更新しました。

   4.「ホームページ・メールマガジンに関するアンケート」結果について

────────────────────────────────────
ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたが、リフレッシュ
できましたか?

3月に実施した「ホームページ・メールマガジンに関するアンケート」の結果が
まとまりました。ご協力ありがとうございました、というそばから恐縮ですが
また、新たにアンケートを実施しています。

5月11日の臨時増刊号でもお知らせしていますが、「ホームページリニューアル」
についてのアンケートです。まだ、ご回答いただいていない方は、ぜひ、ご協
力ください。抽選で100名様に1,000円分の商品券を贈呈します。

◇アンケート入力はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/enquete/2015.html?lid=mm256

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.退職後の公的医療保険制度 〜最新版小冊子「定年Go!」より(1)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

高齢になると、心配なのが病気やケガです。
退職後の公的な医療保険制度については、下記のような選択肢から各自が選択
することになりますので、確認しておきましょう。
なお、定年退職以外の退職でも医療保険制度の選択は同様です。


1)被用者保険の任意継続被保険者

退職日まで2カ月以上継続して被保険者だった人は、退職後2年間は在職中と同
じ医療保険制度に継続加入できる「任意継続被保険者制度」があります。

保険料は事業主負担がなくなるため全額自己負担となりますが、「退職時の標
準報酬月額(月収)」か、「所属している健康保険組合などの標準報酬月額の
平均額」のいずれか低い額に保険料率をかけた額が保険料となります。
手続きは、退職後20日以内に行う必要があります(20日を過ぎると任意継続被
保険者になることはできません)。


2)国民健康保険の被保険者

原則75歳になるまで加入することができます。
国民健康保険料(または税)は、前年の世帯年収や世帯人数(市区町村によっ
ては固定資産なども対象)で計算します。

計算式が異なるため、市区町村によって保険料がかなり違う場合があります。
あらかじめ、住んでいる市区町村で保険料を確認しておくとよいでしょう。
なお、退職理由が解雇等の場合、軽減措置があります。


3)特例退職被保険者

特定健康保険組合に20年以上加入し、老齢厚生年金を受給できる人などは、原
則75歳になるまで「特例退職被保険者」として、在職中と同じ医療保険制度に
加入できます。

保険料は在職被保険者の平均年収の1カ月の半額以下で組合が定める額に、保
険料率をかけた額です。
ちなみに平成24年度末の健康保険組合の数は約1,400ですが、そのうち特定健
康保険組合は約60です。


4)各被用者保険の被扶養者

配偶者や子どもが健康保険の被保険者なら、その被扶養者になることができる
場合があります。年収130万円(60歳以上や障害者は180万円)未満で、被保険
者の収入の原則2分の1未満などの条件があります。

被扶養者は保険料負担がなく、被保険者である子どもなどの保険料負担も増え
ません(健康保険組合によっては被扶養者の介護保険料が上乗せされることが
あります)。原則75歳になるまで被扶養者になることができます。


※負担する保険料のほか、健康保険組合では上乗せ給付(付加給付)がある場
 合もありますので、給付の内容や条件なども確認してから選択しましょう。


当センターの小冊子「定年Go!」では、定年後に向けた資金計画、公的年金
・医療保険・介護保険といった社会保障制度や税金の仕組みなど、セカンドラ
イフに必要なことをわかりやすく紹介しています。

◇「定年Go!」についてはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm256

◇出版物のご購入ページはこちら◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm256


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今号のメールマガジンについてお聞きします。

●『退職後の公的医療保険制度』について、次の選択肢から選んでください
  (複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm256

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.2014(平成26)年度の相談受付状況がまとまりました!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

生命保険文化センターが2014年度(2014年4月〜2015年3月)に受け付けた一般
消費者からの生命保険に関する相談件数は、1,881件となりました。

当センターでは、消費者から寄せられた相談を『生命保険に関する一般相談』
と『生命保険会社の経営に関する相談』に分類しています。

●生命保険に関する一般相談

『生命保険に関する一般相談』は1,843件でした。
一般相談の分類のうち上位5項目は次のとおりです。

・1位「税金について教えて欲しい」        (444件)
・2位「各種手続きについて教えて欲しい」     (290件)
・3位「生命保険の仕組みについて教えて欲しい」  (250件)
・4位「告知義務について教えて欲しい」      (115件)
・5位「商品選択のポイントについて教えて欲しい」 ( 97件)

※『生命保険会社の経営に関する相談』は38件でした。

◇「2014(平成26)年度版 生命保険相談リポート」の概要はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/consul/results.html?lid=mm256


●中立の立場で一般消費者の皆さまからのご相談に応じています(相談は無料です)

生命保険に関する一般的なご相談について、
お電話や、当センターへの来訪(要予約)にて受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

相談専用電話(直通)03-5220-8520

相談受付時間 月曜日〜金曜日(祝日・年末年始を除く) 9時30分〜16時

◇「生命保険相談のご案内」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/consul/index.html?lid=mm256

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
3.「教育の現場から」を更新しました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「教育の現場から」は人生や社会生活に役に立つ「実学」的な授業に取り組む
先生にご寄稿いただき、その授業内容を紹介するコーナーです。

 2015年度「教育の現場から」 第2回は、

   授業構想プラン(1)
  「自動車保険」を通して、万が一の場合の備えを重視する心に迫る授業

         帝京大学教職大学院  教授 澁澤 文隆 氏です。

◇「教育の現場から」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/kyoiku/index.html?lid=mm?lid=mm256

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
4.「ホームページ・メールマガジンに関するアンケート」結果について
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

当センターでは3月17日〜3月29日にかけて、
『ホームページとメールマガジンに関するアンケート』を実施しました。
907名の方からご回答をいただきました。ご協力ありがとうございました。

この度アンケートの結果がまとまりましたので紹介させていただきます。
皆さまからのご意見を参考に、より良いホームページ・メールマガジンの制作
を目指してまいります。

※アンケートにお答えいただいた方の中から厳正なる抽選を実施し、3月末日
 に100名様に商品券を送付させていただきました。

◇ホームページ・メールマガジンに関するアンケートの結果はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/pdf/150514_enquete.pdf

-----------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒ http://jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm256
-----------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm256
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm256
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm256
-----------------------------------------------------------------------
ページトップへ