生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2015年4月23日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2015/ 4/23 ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.255」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]エッセイ   鬼塚 眞子さん(第1回)

   「生命保険の契約〜こんなはずじゃなかったと後悔しないために〜」

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

   1.生活設計情報から(第1回):結婚・出産

[Ⅲ]もぎたて生情報!

    1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
ゴールデンウィークが待ち遠しい今日この頃です。
この「ゴールデンウィーク」の由来は諸説ありますが、昭和26年に映画会社が
この期間に放映した映画が大ヒットとなり、より多くの人に映画を見てもらお
うとして作られた造語だったという説があります。
映画館に足が遠のいている人も、たまには行ってみるのもいいのでは?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]エッセイ

  「生命保険の契約〜こんなはずじゃなかったと後悔しないために〜」

    保険・福祉介護ジャーナリスト 鬼塚 眞子(おにつか しんこ)さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今や、情報は簡単に入手できる時代になった。視野も選択肢も広げられる方は、
知れば知るほど判断に悩んだり、正確な情報がどれなのか、分からなくなる側
面も持つ。保険選びにおいても、同じことが言えるのだ。

特に、保険はマイホームに次ぐ高い買い物と言われ、保険料を支払う期間も長
期にわたる。また、健康状態によって、望んでいた保険商品に加入できないこ
ともある。

「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためのヒントをお伝えしたい。

意外に思われるかもしれないが、保険商品は金融庁の認可が無ければ発売する
ことはできない。保険会社の日々の業務なども法律にのっとって行われている。
実は、来年5月をめどに法律(保険業法)が改正され、保険を販売する際の顧
客ニーズの把握(意向確認)や顧客が判断するのに必要な情報提供が法律で義
務づけられる。

そこで加入者側に是非、知っていただきたい・・【続きは下記URLをクリック】

◇エッセイの全文はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/2015/essay/web01/web01.html?lid=mm255

◇エッセイのバックナンバーはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/essay/?lid=mm255


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.生活設計情報から(第1回):結婚・出産
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

生活設計を立てるために必要な情報をわかりやすくまとめた「ひと目でわかる
生活設計情報」のデータを更新しました。

ホームページ上に様々なデータを157項目にわたって掲載していますが、その
うち最新データ等が公表されている54項目について更新をしましたので、更新
した情報を中心に今回からシリーズでご紹介します。

◇「ひと目でわかる生活設計情報」の一覧はこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/index.html?lid=mm255

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今回のテーマは「結婚・出産」です。
「結婚・出産」は人生の大きな転機となり、生活設計を考えるうえで重要なポ
イントになります。


●結婚当初の家計収支は?

結婚したものの、家計が赤字ではその後の生活設計が不安になります。
厚生労働省「人口動態統計(確定数)の概況/2013年」によると平均初婚年齢
は夫が30.9歳・妻が29.3歳となっています。

そのことから、結婚1年目の夫婦の世帯を「世帯主が30〜34歳の勤労者である
世帯員2人以上の世帯」と仮定して家計状況(総務省「家計調査報告」)を見
てみると・・・

1カ月の平均収入は約36.2万円、平均支出は約31.7万円となっており、一般的
に、結婚当初の家計収支は「黒字」となるようです。

なお、支出額をみると「税・社会保険料等」に次いで、「食料費」「交通・通
信費」が高くなっています。子どもの教育費や住宅取得といった将来の支出に
備え、貯蓄などの資産形成プランを考えておきたいところです。

※結婚当初は子どもがいないものとして、支出額からは教育費を除いています。

<総務省「家計調査報告」/2014年平均速報>

◇「結婚当初の生活費はどれくらい?」について、詳しくはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/mariage/8.html?lid=mm255


●出生数は過去最低を記録しました!

日本の出生数は第2次ベビーブーム(昭和46〜49年)の昭和48年に年間約209万
人を記録して以降、減少傾向が続き、平成25年には約103万人と昭和48年当時
の半数以下に減少し、最も少ない年となりました。

1人の女性が一生のあいだに産む子どもの数(合計特殊出生率*)も昭和48年の
2.14から減少を示し、平成17年には1.26と最低を記録しました。
その後は少しずつ上昇し、平成25年は1.43となりました。

*合計特殊出生率とは、その年次の15-49歳までの女性の年齢別出生率を合計し
たもの。

<厚生労働省「人口動態統計(確定数)の概況」/2013年>

◇「女性は一生で何人の子どもを産む?」について、詳しくはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/birth/2.html?lid=mm255


●出産を予定しているのだけれど…

出産には費用がかかるイメージがありますが、実際どれくらいかかるものなの
でしょうか。
厚生労働省の資料によれば、平成24年度の入院分娩費用(室料差額等を除く)
は全国平均で416,727円でした。

最高は東京都の497,872円、最低は鳥取県の335,607円ですが、概ね関東地方が
高く、北海道と四国、九州・沖縄地方が低くなっています。
なお、健康保険から「出産育児一時金」が1児につき42万円支給されます。

注)上記の入院分娩費用は、室料差額、産科医療補償制度費用、その他(お祝
  い膳など医療外費用)を含みません。

<厚生労働省「第18回 社会保障審議会医療保険部会資料」平成26年7月7日>

◇「出産にかかる費用はどれくらい?」について、詳しくはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/birth/7.html?lid=mm255


なお、国や自治体などでは、出産育児一時金のほかにも、出産・育児のために
様々な援助や手当ての制度を設けています。

◇「出産や育児への公的な経済支援」について、詳しくはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/birth/8.html?lid=mm255


--------------------------------------------------------------------------

生命保険文化センターでは、ライフプランを考えるシミュレーションツール
「e-ライフプランニング」をホームページ上に公開しています(無料)。

このツールでは、生年月日などの基本情報とともに具体的な収入・支出項目を
入力することで、自分自身の現在のライフステージにおけるライフプランを簡
単に作成することができます。ぜひ、お気軽にご活用ください。

◇「e-ライフプランニング」のご利用はこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/consumer_adviser/plan.html?lid=mm255


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今号のメールマガジン「知っ得ミニ情報!」についてお聞きします。

●『生活設計情報(結婚・出産)』について、次の選択肢から選んでください
 (複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった


ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm255

-------------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒ http://jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm255
--------------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm255
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
---------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm255
---------------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm255
---------------------------------------------------------------------------
ページトップへ