生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2015年2月12日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2015/2/12  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.250」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介

   生命保険文化センター賞 「母の履歴書」

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

  1.税金が軽減される「医療費控除」

[Ⅲ]もぎたて生情報!

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

  2.「教育の現場から」を更新しました。

────────────────────────────────────
2月14日はバレンタインデーですが、語呂合わせで「ふんどしの日」でもある
そうです。「ふんどし」というと男性用の下着と思っていましたが、女性用の
かわいい絵柄のものもあり、ふんどしを締める若い女性が徐々に増えていると
か・・・。寝る時につけると、締め付けないので健康にもいいそうです。

健康を保ち、医療費がかからないようにしたいものですが、今回は医療費がか
かった場合の「医療費控除」を取り上げています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介

    生命保険文化センター賞 「母の履歴書」

     兵庫県 明石市立大久保北中学校  三学年  玉田  麗さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「白髪が増えた〜。」
「うわっ、シミやん、シワやん。」
鏡の前で大騒ぎしている母。まだまだ若いと思っていたが、母も年を取ったな
と実感する。

毎日、新聞をめくれば、少子高齢化、先細る公的年金、消費税UPなど、将来
に不安を抱かせる記事を見ない日はない。
母たち世代が、年老いた時、公的年金がもらえるのであろうか疑問に思う。

「お母さん。お母さんたちが年を取ったら年金ってもらえるの? 」
「大丈夫。」
にやりと母が笑う。その余裕はいったいどこからくるのだろう。

母が自慢げに重要と書かれた、少し古びた書類を大事そうに持ってきた。
表には、契約日平成五年一月一日、私の知らない住所、旧姓で書かれた母の名
前、年齢二十三歳、性別女、払済五十五歳、年金開始六十歳、保障内容も記載
され、裏には、姓変更、住所変更などをした何枚もの紙が貼られている。

これは、二十二年前、・・・

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.税金が軽減される「医療費控除」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

確定申告の時期がやってきました。
医療費控除は、勤務先が行う年末調整では受けられませんので、会社員などの
給与所得者も確定申告が必要となります。


●昨年1〜12月に支払った医療費が対象

昨年1年間に入院や歯科治療などで多額の医療費を支払った人は「医療費控除」
として所得控除を受けられる場合があります。

※医療費控除の対象になるのは、治療を目的に支払ったお金です。
 健康診断など健康の維持管理のための費用や美容整形の費用などは対象とな
 りません。

なお、公的介護保険のサービスを利用した場合の自己負担分のなかにも「医療
費控除」の対象となるものがあります。在宅サービスでいえば、訪問看護、訪
問リハビリテーションなどが対象です。


●10万円を超えた分の医療費を所得から控除

医療費控除として所得から差し引けるのは、支払った医療費のうち10万円を超
えた部分です。つまり、支払った医療費が15万円なら、5万円を所得から差し
引くことができます。

なお、昨年の所得金額が200万円未満の人は、「所得金額×5%」を超えた部分
の医療費を所得から控除することができます。例えば所得が180万円の人は、
9万円を超えた分の医療費を控除することができます。

※所得とは、収入から必要経費を引いた金額です。給与所得者の場合は、源泉
 徴収票の「給与所得控除後の金額」欄に記載の金額です。

※医療費控除として所得から差し引ける金額は200万円が限度となります。


●どのくらい税金が軽減される?

所得控除額=減税額ではありません。
税率をかける前の所得金額が減ることにより、所得税と住民税が軽減されます。

所得税の税率は累進税率で5〜40%(平成26年分の所得に対する税率)、住民
税は一律10%です。

例えば、医療費の合計額が20万円で、10万円の医療費控除を受けるとして、
所得税の税率が
・ 5%の人は、所得税で 5,000円、住民税で10,000円
・10%の人は、所得税で10,000円、住民税で10,000円
・20%の人は、所得税で20,000円、住民税で10,000円
 などが軽減額の目安となります(復興特別所得税は考慮していません)。

※所得控除を受けることにより、税率が変わる場合などがあります。


●家族分をまとめて控除できる

控除を受けられる医療費は、自分の分だけではなく、生計を一にする配偶者・
その他の親族のために支払ったものも対象になります。
例えば、夫婦共働きで夫の医療費が9万円、妻が6万円の場合、夫婦合わせて
15万円になり、どちらか一方の所得から5万円を控除できます。


●入院給付金などで補てんされた金額は医療費から差し引く

生命保険からの入院給付金・手術給付金を受け取った場合や、公的医療・介護
保険制度から「高額療養費」「高額介護サービス費」などで払い戻しを受けた
場合は、その金額を医療費から差し引いて計算します。
つまり実質負担した分の医療費等が、医療費控除の対象になります。

※入院給付金などを差し引く場合は、その給付の原因になった傷病などの医療
 費からです。引ききれない場合は他の医療費から差し引く必要はありません。


今年の確定申告は3月16日までですが、給与所得者の還付申告は確定申告期間
に関わらずできます。過去5年分遡って申告することもできます。
例えば、平成22年分の所得は平成27年12月31日まで受付けています。


◇「医療費控除」について詳しくはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/tax/tax_q2.html?lid=mm250


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今号のメールマガジンについてお聞きします。

●『税金が軽減される「医療費控除」』について、次の選択肢から選んでくだ
 さい(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm250

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.「教育の現場から」を更新しました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「教育の現場から」は人生や社会生活に役に立つ「実学」的な授業に取り組む
先生にご寄稿いただき、その授業内容を紹介するコーナーです。

 2014年度「教育の現場から」 第11回は、

    『「経済活動の自由」と「規制」から社会を考える』

        東京都立目黒高等学校 公民科 村岡 周子 先生です。

◇「教育の現場から」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/kyoiku/index.html?lid=mm?lid=mm250

-----------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒ http://jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm250
-----------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm250
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm250
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm250
-----------------------------------------------------------------------
ページトップへ