生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2015年1月29日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2015/ 1/29 ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.249」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介

   生命保険文化センター賞 「ぶきような祖父の贈り物」

[Ⅱ]エッセイ 生命保険文化センター・編集子

   「知人の入院体験を通じて〜高額療養費について〜」

[Ⅲ]知っ得ミニ情報!

  1.「万一」のための保障の選び方  
    〜最新版小冊子「遺族保障ガイド」より(2)〜

[Ⅳ]もぎたて生情報!

   1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
   
────────────────────────────────────
年が明けたと思ったら、もうすぐ1月も終わりです。
コンビニで「恵方巻」の予約はいかがですか?と勧められ、もう節分なんだと
気づきました。

恵方はその年の幸運を招く方角のことで、2015年は西南西だそうです。
ところで、太巻き寿司を切らずに1本無言で食べるのは難しいですよね。
お餅に限らず、食べ物による窒息事故は多いようで、気をつけたいところです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介

   生命保険文化センター賞 「ぶきような祖父の贈り物」
   
    京都府 京都市立加茂川中学校  三学年  西村 僚祐さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

僕の祖父は口うるさい。離れて暮らしているから頻繁に会う事はないが、顔を
合わせれば、やれ礼儀をわきまえろだの、やれ年寄りの言う事は聞くもんだだ
の、昨日も母は説教されていた。父はそんな祖父を避け、祖父に用事があると
きでも毎回母を通して伝えるようになっていた。

『親子なのに変だな… … 。』といつからか思うようになり、ある日、母に尋
ねてみた。

「お父さんも立派な大人やからね。プライドがあるんよ。おじいちゃんにガミ
ガミ言われるのは嫌なんやろね。」
と言った。

そんな父でも実は年に一度、祖父と祖母に感謝の形として十万円ずつ贈ってい
る。今まで世話になってきたのだから少しでも二人に楽しい人生を送ってもら
えるようにとの事だ。

どうせあげるなら何か好きな物を選んで買って贈った方がプレゼントらしいの
に、どうして現金をあげるのか父に尋ねると、
「ほんまに欲しいもんは自分で選ぶのが一番ええからこれでええ。」
と言う。

ところがある日、祖父がやって来て・・・

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅱ]エッセイ 

     「知人の入院体験を通じて〜高額療養費について〜」

                  生命保険文化センター・編集子(S)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨年の夏に入院した知人の話です。
2週間におよんだ入院中には、自分の病状などをお互いに話す患者仲間もでき
たそうです。退院の時期が近い仲間とは、「医療費の支払い」など自然と"お
金"のことが話題になりました。

数人での会話の中で、1人が「健康保険には、自己負担額が軽くなる制度があ
るんですよ」と話しました。「それは知らなかった」と驚く人がいる一方、健
康保険制度からの書類※を準備済みで、「病院の会計時にその書類を提出する
つもり」と用意周到な人もいて、制度の認知度はまちまちだったそうです。

※書類とは「限度額適用認定証」のことで、70歳未満の場合は事前に保険者か
 ら入手して病院の会計窓口へ提出すると、病院への支払いは自己負担限度額
 までで済みます。
 「限度額適用認定証」がない場合は、病院の会計窓口で3割など自己負担割
 合分の医療費を支払い、後で協会けんぽなど保険者へ還付手続きをします。
 手続きが遅れても、時効にかからない2年以内の過去分は還付されます。

さて、自己負担額が軽くなる制度とは、・・【続きは下記URLをクリック】

◇エッセイの全文はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/2014/essay/web10/web10.html?lid=mm249

◇エッセイのバックナンバーはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/essay/?lid=mm249


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]知っ得ミニ情報!
             
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.「万一」のための保障の選び方
  〜最新版小冊子「遺族保障ガイド」より(2)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「万一」の保障は、具体的には何のために備えるのでしょうか?
(1)残される家族の生活費のために
(2)葬儀費用など死後の整理資金として
(3)遺産分割のための資金など相続資金として   など

人それぞれ目的は違うでしょう。今回は、4つのポイントを参考に「万一」の
ための生命保険について考えていきましょう。

○ポイント1 「いくら」備えたらいいかを把握しましょう
 「万一」は誰にも必ず訪れますが、その時期はわかりません。
 今、「万一」が起きた際にいくら不足するのかをあらかじめ考えておくこと
 が大切です。必要保障額とは公的保障・企業保障によって賄えない「不足分」
 のことをいい、これを自助努力(個人の保険・貯蓄など=個人保障)で補う
 ことになります。
 この「不足分」は人によって異なるので、まずは自分の「不足分」がいくら
 なのか、そして、そのうちいくらを生命保険で備えるのかを考えましょう。

○ポイント2 「いつまで」保障が必要かを決めましょう
 生命保険で備える金額とともに、「いつまで保障が必要なのか」を考えまし
 ょう。将来の収支状況や家族構成などを念頭に置きつつ、今後の生活設計を
 思い描いたうえで、「一定期間」もしくは「一生涯」の保障どちらが必要な
 のかを選択しましょう(2つの保障を組み合わせることもできます)。
 なお、「一定期間」を選択する場合は、具体的にいつまで備えるのかを決め
 る必要があります。

○ポイント3 生命保険のしくみを知りましょう
 生命保険商品は、一般的に生命保険のベース部分にあたる「主契約」と保障
 内容を充実させるオプション部分にあたる「特約」を組み合わせて成り立っ
 ています。商品によって、付加できる特約は異なります。
 なお、主契約が満期や解約などで終わると、特約の保障もなくなるなど注意
 も必要です。

○ポイント4 主契約の基本形を覚えましょう
 死亡保障に備えるための生命保険には3タイプの基本形があります。

(1)「定期保険」:一定期間を保障します。
  無事に保険期間が満了した場合、戻ってくるお金がないタイプです。

(2)「養老保険」:一定期間を保障します。
  無事に保険期間が満了した場合、死亡保険金と同額の満期保険金が受け取
  れるタイプです。

(3)「終身保険」:保障が一生涯続きます(満期はありません)。
  有効に契約を続けていれば、何歳で亡くなっても死亡保険金が受け取れる
  タイプです。

上記の3タイプの保険では、払い込む保険料が当然異なります。
払込期間、保険金額を同じにして比べてみると、「定期保険」が一番安く、次
に「終身保険」「養老保険」の順で高くなります。

また、上記のほかに、死亡保険金を年金形式で受け取る「収入保障保険」、死
亡保障だけでなく、がん・急性心筋梗塞・脳卒中による所定の状態への備えが
できる「特定疾病保障保険」などの保険もあります。

まずは紹介した3タイプの基本形を理解した上で、自分のニーズに合った保険
を探しましょう。

当センターの小冊子「遺族保障ガイド」では、定期保険、終身保険、養老保険
の保険料例や、世代ごとの必要保障額の計算事例も掲載しています。
今回紹介した4つのポイントを参考にしながら、生命保険の活用方法などを検
討してみてください。

◇「遺族保障ガイド」(2015年1月改訂版)について、詳しくはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm249

◇小冊子のお申込はこちら◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm249


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅳ]もぎたて生情報!
              
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今号のメールマガジン「知っ得ミニ情報!」についてお聞きします。

●『「万一」のための保障の選び方』について、次の選択肢から選んでください
 (複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった


ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。
 
 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm249

-------------------------------------------------------------------------
★クイズで学ぶ生命保険「GO!GO!ホケン検定」(4択クイズ全8問)
 あなたも挑戦してみませんか?

◆クイズに挑戦する方はこちらから◆
⇒ http://jili.jp/pc/appli/index.php?lid=mm249
--------------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm249
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
---------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm249
---------------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm249
---------------------------------------------------------------------------
ページトップへ