生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2014年6月19日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2014/6/19  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.233」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

    1.消費税増税後の住宅取得は!? 〜住宅ローン減税とすまい給付金〜

[Ⅱ]もぎたて生情報!

    1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

  2.生命保険実学講座アンケートの結果がまとまりました!

────────────────────────────────────
連日ワールドカップの話題でサッカーが盛り上がっていますが、本日6月19日は
ベースボール記念日です。1846年のこの日に、アメリカのニュージャージー州
で公式記録に残る初めての野球の試合が行われたといわれています。

野球といえば、子どもとキャッチボール、郊外に庭付き一戸建のマイホームを
購入し・・・などと生活設計を考えている人もいるでしょう。

住宅は大きい買い物だけに慎重に検討したいところですね。今回、知っ得ミニ
情報では住宅ローン減税などを取り上げていますので参考にしてください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅰ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.消費税増税後の住宅取得は!? 〜住宅ローン減税とすまい給付金〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今年度から消費税率が8%になりました。
高額な買い物は身構えてしまいますが、例えば人生で最も高い買い物とされる
「住宅」購入時の消費税は、土地が非課税、建物のみ課税対象です。

それでも建物が2,000万円なら消費税160万円といった金額になります。
そこで消費税の増税に伴い、この4月からは住宅ローン控除の上限額が増えた
ほか、すまい給付金という新制度もできました。

住宅取得は、老後の住まいの確保や教育・老後資金の準備などにも関わる生活
設計上の大きな課題です。
住宅取得を検討する場合、住宅ローン減税などの仕組みを把握することも大切
なポイントです。


●「住宅ローン減税」とは?

住宅の床面積が50平方メートル以上など一定の要件にあてはまると、住宅の購
入や増改築をして入居した際に、借入金がある場合は居住以後10年間、各年に
所得税の税額控除(住宅ローン控除)が受けられます。
※所得税で引き切れない場合は、住民税からも控除されます。

控除額は「年末の借入残高×控除率(1%)」で計算しますが、入居時期によっ
て控除額の上限が異なります。

平成26年3月入居分までは、年末の借入残高が最大2,000万円、10年間の控除額
は最大200万円(年間最大20万円)でした。
今年度から(消費税率8%以上が適用される場合)、最大4,000万円になり、10
年間で最大400万円(年間最大40万円)が税額から控除されます。
※認定住宅の特例に該当する場合は、控除額が異なります。

◇「住宅ローン減税」について詳しくはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/house/8.html?lid=mm233


●「すまい給付金」とは?

8%または10%の消費税率で住宅取得をする場合、現金を給付する制度です。
住宅ローン控除と併せて利用することができます。

住宅ローン控除が年間最大40万円に増えても、税額のほうが少ない場合、控除
し切れなかった差額分が現金で支給されることはありません。

今回の住宅ローン減税の拡充では収入が低い人ほど効果が出にくく、そうした
人への対応として消費税引上げによる負担の軽減を図るためのものが「すまい
給付金」です。

収入に応じて給付額が変動する仕組みで、収入が低いほど金額は多くなります。

・収入が一定以下の人が対象です。
[消費税 8%時]収入額の目安が510万円※以下(30〜10万円を給付)
[消費税10%時]収入額の目安が775万円※以下(50〜10万円を給付)

住宅ローンを利用しない現金取得の場合、50歳以上で収入額の目安が650万円
以下※の人が対象です。

※収入額の目安は、扶養対象の家族が1人の場合をモデルとした例です。

なお、住宅ローン減税・すまい給付金は、現状では平成29年12月入居分まで実
施される予定です。


●どれくらいの人が住宅を持っている?

金融広報中央委員会の「平成25年家計の金融行動に関する世論調査」によると、
2人以上世帯の場合の持家率は全国平均で約7割です。

年齢別にみると、20歳代の持家率は16.2%と低くなっていますが、年齢の上昇
とともに持家率が高くなり、70歳以上では81.8%です。

70歳以上でいえば、59.2%は自分自身で購入、22.6%は相続・贈与によって取
得したというのが持ち家の状況です。

◇「家を持っている人の割合はどれくらい?」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/house/1.html?lid=mm233


●リフォームについて

マイホームは取得時だけでなく、取得後も維持費などがかかります。
リフォーム箇所によっては多額な費用がかかりますので、リフォーム資金につ
いても準備をしておくと安心です。

◇「リフォーム工事」について詳しくはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/house/7.html?lid=mm233


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今号のメールマガジン「知っ得ミニ情報!」についてお聞きします。

●『消費税増税後の住宅取得は!?』に対し、次の選択肢から選んでください
 (複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった


ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm233


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.生命保険実学講座アンケートの結果がまとまりました!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

当センターでは、大学、短大、専門学校、高校等に講師を派遣し、生命保険や
生活設計に関する講義を行っています。

受講生の皆さんには、講座終了後、アンケートにご協力頂いています。
この度、8,532人からご回答をいただいた「平成25年度のアンケート結果」が
まとまりましたので紹介させていただきます。

『本講義は将来あなたの暮らしの中で役立つと思いますか?』との質問には、
 「思う」、「まあそう思う」を合わせて、92.8%の受講生が「役立つ」と
 回答しています。

◇「 実学講座受講生アンケート集計結果」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/lecture/pdf/enquete.pdf


※講師派遣は常時受付けています。ぜひご活用ください!!

◇「実学講座」について、詳しくはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/lecture/index.html?lid=mm233


--------------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm233
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
---------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm233
---------------------------------------------------------------------------
★携帯電話(スマートフォンを含む)向けのサイトでは、
「GO!GO!ホケン検定」や「今日のホケン用語」等、楽しみながら生命保
険について学べるコンテンツをご利用いただけます。

◆モバイルサイト『せいめいほけんスタジアム』のご案内はこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mobile/?lid=mm233
---------------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm233
---------------------------------------------------------------------------
ページトップへ