生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2014年2月27日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2014/2/27  ◆◇◆
 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.224」
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
[Ⅰ]エッセイ 伊藤伸子さん(第2回)
  「自分は本当に騙されない?〜リスクを察知するには〜」
[Ⅱ]知っ得ミニ情報!
   1.生活設計情報から(第2回):高校生の教育費
[Ⅲ]もぎたて生情報!
    1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
────────────────────────────────────
2月も明日で終わりですね。今日はバレンタインデーとのホワイトデーの中間
の日で、「冬の恋人の日」だそうです。
少し春の兆しを感じつつもまだまだ朝晩は寒い日が続いていますが、今日は恋
人や友達、家族との絆を深めて、心温まる日にしたいですね。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]エッセイ 第2回
   「自分は本当に騙されない?〜リスクを察知するには〜」
      台東区消費者相談コーナー消費生活相談員  伊藤 伸子さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
私の勤務する消費生活センターでは、老人会、福祉施設、学校などに出張して
出前講座を開催し、活発なやり取りを行っています。
「事業者は、注文を受けていないのに“これから健康食品を送ります”と電話
をかけてきます。注文していないと伝えると“間違えなく注文を受けた”と言
い張り、さらには、“録音してある”とか“キャンセルはできない”など、強
引な対応で高額な支払いを了解させます。これが手口です。電話があっても、
慌てずに“契約はしていません”とだけ伝えましょう」と私。
「断っても送られてきてしまった時はどうしたらよいですか」
「家族が注文したと勘違いして受け取ってしまった場合の対処方法を教えて下
さい」と受講者から手が挙がる。
昨年、高齢者をターゲットに、高額な健康食品の送り付け商法が激増し、数社
の事業者が行政処分を受けました。上記は出前講座でその注意喚起をした時の
様子です。ほとんどの受講者は、・・【続きは下記URLをクリック】
◇エッセイの全文はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/2013/essay/web11/web11.html?lid=mm224
◇エッセイのバックナンバーはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/essay/index.html?lid=mm224
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅱ]知っ得ミニ情報!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.生活設計情報から(第2回):高校生の教育費
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
生活設計を立てるために必要な情報をわかりやすくまとめた「ひと目でわかる
生活設計情報」のデータを1月に更新しました。
ホームページ上に様々なデータを157項目にわたって掲載していますが、その
うち最新データ等が公表されている84項目について更新し、更新した情報を中
心にシリーズでご紹介しています。
◇「ひと目でわかる生活設計情報」の一覧はこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/index.html?lid=mm224
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●「公立高校の無償化」が変更されると聞いたけど?
文部科学省が行った「子どもの学習費調査」(平成24年度)によると、高校生
にかかる教育費(年間)は、公立で約39万円、私立で約97万円となっています。
教育費の内訳は、公立では学校教育費が約23万円、学校外活動費が約16万円、
私立では学校教育費が約72万円、学校外活動費が約24万円となっています。
ところで、現在、公立高校の授業料は無償ですし、国立・私立高校等の生徒に
ついては「高等学校等就学支援制度」により、原則、公立高校の授業料にあた
る月額9,900円(全日制の場合)が就学支援金として支給されています。
※私立等の場合は、保護者の所得によって就学支援金に加算がつくことがあり
 ます。
この制度が変わることになり、平成26年4月以降の入学者からは、国公立・私立
等ともに就学支援金が支給される制度(新制度)に一本化されます。
新制度で大きく変わる点は、所得制限が設けられることです。
所得制限は、市町村民税所得割額30万4,200円未満(年収910万円程度)という
基準です。そのため、収入によっては、就学支援金が支給されません。保護者
の収入の合算(世帯収入)で判断されるので、特に共働きの世帯では該当する
ケースがあるのではないでしょうか。
なお、平成26年3月以前に入学していた生徒は、経過措置で今まで通りの制度
が適用され、所得制限はありません。
◇「高校にかかる教育費はどれくらい?」はこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/education/5.html?lid=mm224
◇高等学校等就学支援金について、詳しくは文部科学省のホームページへ◇
⇒ http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htmhttp://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/detail/1342886.htm
 (新制度のリーフレット)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
当センターでは、生活設計に関するデータを掲載した
小冊子「ライフプラン情報ブック−データで考える生活設計−」も発行して
います。ぜひ、ご活用ください(B5判、56ページ、1部200円・送料別)。
◇「ライフプラン情報ブック」についてはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm224
◇小冊子のお申込はこちら◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm224
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅲ]もぎたて生情報!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今号のメールマガジンについてお聞きします。下記の選択肢からご回答ください。
●『生活設計情報から:高校生の教育費』について、次の選択肢から選んで
 ください(複数回答可)。
 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった
ご回答は、下記アドレスから
 ⇒ テーマ(その他)を選択 ⇒ 意見入力のところに番号を入れてください。
 ※番号の他にも「メールマガジンで取り上げてほしいテーマ」などご意見・
  ご要望があれば入力してください。
◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm224
---------------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★
◆メールマガジンの登録はこちらから
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm224
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
---------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm224
--------------------------------------------------------------------------
★携帯電話(スマートフォンを含む)向けのサイトでは、
「GO!GO!ホケン検定」や「今日のホケン用語」等、楽しみながら生命保
険について学べるコンテンツをご利用いただけます。
◆モバイルサイト『せいめいほけんスタジアム』のご案内はこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mobile/?lid=mm224
---------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm224
---------------------------------------------------------------------------
	  
ページトップへ