生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2014年1月16日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  2014/1/16   ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.221」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第8回/最終回)

   生命保険文化センター賞 「精霊流しと生命保険」

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

     1.国民年金の寡婦(かふ)年金ってなに?

[Ⅲ]もぎたて生情報!

     1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

───────────────────────────────────
明日で阪神・淡路大震災から19年が経ちます。
この震災をきっかけに、日本のボランティア活動が活発化したそうです。

毎年1月17日は「防災とボランティアの日」です。
また、1月15日〜21日は「防災とボランティア週間」となっています。

災害時のボランティア活動に参加するのは、なかなか難しいという人も、日頃
忘れがちな「災害への備え」を点検してみてはいかがでしょうか。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第8回/最終回)

     生命保険文化センター賞 「精霊流しと生命保険」

    福岡県  福岡教育大学附属久留米中学校  三学年 田中 政充さん
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私とは一回り年が離れた従兄の父親が亡くなってから、今年で四回目のお盆が
きた。叔父は心筋梗塞で、突然この世を去った。その時、従兄は大学の法学部
を卒業したばかりであった。それ以来、四年の歳月が流れたが、毎年お盆に、
島原の精霊流しに参加している。

精霊流しは、島原の伝統行事であり、竹とわらで作った精霊船に切子灯ろうを
飾り、故人の霊を浄土へ送る伝統行事である。「ナマイドー。」の掛け声と共
に、静かに川の水面へと流される。島原市内の河川の流し場から、やがて海へ
と流れていく。

切子灯ろうにろうそくを灯した精霊船が暗闇の中、水面に多数浮かぶ光景は、
幻想的である。まるで暗闇に漂う、無数の蛍の群れを眺めているようだ。美し
さの中に、はかなさがあり、一抹の物悲しさが、故人への郷愁を募らせる。

精霊船を川に流しながら、従兄と私は、手を合わせて拝んだ。従兄は今春、念
願の新人弁護士になっていた。

叔父が亡くなった時、従兄は弁護士への道を諦めかけた。長男である従兄が叔
父に代わり、・・・

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.国民年金の寡婦(かふ)年金ってなに?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

万一のことがあったとき、遺族の生活費を支える収入源の1つが遺族年金です。

例えば、長く自営業者などとして国民年金に加入した夫が亡くなった場合、
公的年金から期待できるのは「遺族基礎年金」です。
遺族基礎年金は、「子がいる妻」などが受給できます。受給期間は末子の18歳
到達年度末(3月31日)までです。
※子が国民年金の1級・2級の障害状態にある場合は、20歳になるまでです。

逆にいうと、夫が国民年金のみに加入していた場合「子がいない妻」や、「子
が18歳到達年度末を過ぎた妻」は遺族年金を受け取れません。

そんなとき、妻自身の老齢基礎年金の受給開始前(60歳代前半)に受け取れる
可能性があるのが、「寡婦年金」です。

●寡婦年金を受け取れる主な要件は?

(1)亡くなった夫は、自営業者など(第一号被保険者)として国民年金保険料
  を「納付した期間」と「免除された期間」の合計が25年以上あること。

(2)残された妻は65歳未満で、夫の死亡当時、夫に生計を維持されていて、
  夫との婚姻期間が10年以上あること。

などの要件をすべて満たす必要があります。

老齢基礎年金を受給中の夫や、障害基礎年金の受給権がある夫が亡くなった場
合、寡婦年金は受給できません。

遺族年金との関係でみると、子が18歳到達年度末を迎えて遺族基礎年金の受給
を終えた妻でも、要件をすべて満たしていれば寡婦年金は受給できます。
※寡婦年金と同時に遺族厚生年金や妻自身の老齢厚生年金を受給できる場合は、
 どちらか1つを選びます。

寡婦年金を受給できる期間は、大まかには次のようになります。
・夫の死亡時に妻が60歳未満⇒妻が60歳から65歳になるまで
・夫の死亡時に妻が60歳以上⇒夫死亡時から妻が65歳になるまで

なお、妻が65歳からの老齢基礎年金を繰り上げて受給すると、寡婦年金はその
時点で終了します(夫が死亡したときに妻が繰り上げ受給中なら、寡婦年金は
受給できません)。


●寡婦年金の受給額は?

夫の自営業者など(第一号被保険者)としての保険料納付・免除状況によって
計算した「老齢基礎年金額」の4分の3です。

例えば、保険料免除期間がなく、
(1)30年間保険料を納付⇒寡婦年金は年額43.79万円、月額約3.6万円
(2)40年間保険料を納付⇒寡婦年金は年額58.39万円、月額約4.9万円
 (いずれも平成25年10月以降の年金額)

(1)(2)のケースでは、寡婦年金の受給が最長5年間の場合で考えると
合計で、それぞれ219万円、292万円程度の保障になっているわけです。


当センターの小冊子「遺族保障ガイド」では、遺族保障を考えるうえで欠かせ
ない遺族年金の仕組みなども解説しています。
2013年12月に最新版を発行していますので、ぜひご一読ください。

◇「遺族保障ガイド」(2013年12月改訂版)について、詳しくはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm221


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]もぎたて生情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今号のメールマガジンについてお聞きします。下記の選択肢からご回答ください。

●「国民年金の寡婦(かふ)年金ってなに?」について次の選択肢から選んで
   ください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
 ⇒ テーマ(その他)を選択 ⇒ 意見入力のところに番号を入れてください。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm221

-----------------------------------------------------------------------
★当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください★

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm221
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm221
-----------------------------------------------------------------------
★携帯電話(スマートフォンを含む)向けのサイトでは、
「GO!GO!ホケン検定」や「今日のホケン用語」等、楽しみながら生命保
険について学べるコンテンツをご利用いただけます。

◆モバイルサイト『せいめいほけんスタジアム』のご案内はこちらから◆
⇒ http://www.jili.or.jp/mobile/?lid=mm221
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm221
-----------------------------------------------------------------------

ページトップへ