お稽古事をしている人はどれくらい?

お稽古事をしている人は2割にとどまる

中央調査社「お稽古事に関する全国意識調査」によると、お稽古事をしている人の割合は約2割で、「している理由」としては「興味があったから」(57.2%)、「健康のため」(48.2%)を挙げる人が多くなっています。
逆にお稽古事をしていない人の「していない理由」としては、「興味のあるものがないから」は1割にとどまり、「時間的にゆとりがないから」が4割以上、「経済的にゆとりがないから」が2割以上となっています。

お稽古事をしている人の割合と理由

お稽古事をしている人の割合

お稽古事をしている、21.2%。お稽古事をしていない、78.8%

お稽古事をしている理由(複数回答)

興味があったから、57.2%。健康のため、48.2%。生活を充実させるため、26.4%。家族・友人・知人に誘われて、17.8%。時間的にゆとりがあるから、17.4%。通いやすい所に教室や施設があるから、16.7%。出会いを求めて、9.1%。ずっとしているから、9.1%。経済的にゆとりがあるから、5.1%。仕事で必要だから、4.3%。将来その道に進みたいから、2.5%。その他、5.1%。

<中央調査社「お稽古事に関する全国意識調査」/平成19年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ