生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜

熊本地震により被災された皆様へ

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 万一の場合 > 公的な遺族年金の仕組みについて知りたい

公的な遺族年金の仕組みについて知りたい

万一の場合に見込める社会保障「遺族年金」

遺族年金には遺族基礎年金と遺族厚生年金があります。どの遺族年金を受け取れるかについては、亡くなった人の職業によって異なります。また、遺族年金を受け取れる遺族の範囲も遺族基礎年金と遺族厚生年金では異なります。

※2014年4月以降に妻が死亡した場合、父子家庭も遺族基礎年金を受け取れるようになりました。

遺族年金の受給と年金額のめやす

※横にスクロールできます。

※年金額は平成30(2018)年度価格
  自営業世帯(国民年金) 会社員・公務員世帯(厚生年金)
遺族年金を受け取れる対象者は? 自営業など国民年金に加入している人に生計を維持されていた遺族
(1) 子どものいる妻・夫
(2) 子ども
※子どものいない妻・夫は受け取れない。子どもがいる場合も全員が18歳の年度末を過ぎる(高校を卒業する)と受け取れなくなる。
会社員・公務員など厚生年金に加入している人に生計を維持されていた遺族
(1) 妻、夫、子ども
(2) 父母
(3) 孫
(4) 祖父母
※子どものいない妻・夫ももらえる。妻を除いて年齢条件あり。
受け取れる年金は? 遺族基礎年金 遺族基礎年金
遺族厚生年金
年金の受け取りケース(妻が受け取る場合)
  • 遺族となった妻に子ども(18歳到達年度の末日までにある子どもをいう、以下同様)がいれば受け取れるが、子どもがいなければ受け取れない。
  • 遺族基礎年金の受給可否は自営業世帯と同じ。
  • 遺族厚生年金は子どもの有無に関係なく妻は一生涯受け取ることができる(ただし、子どものいない30歳未満の妻は5年間の有期年金)。
子どものいる妻 子ども3人の期間 年額1,302,700円(月額108,558円)
(遺族基礎年金)
年額1,816,955円(月額151,413円)
(遺族基礎年金+遺族厚生年金)
子ども2人の期間 年額1,227,900円(月額102,325円)
(遺族基礎年金)
年額1,742,155円(月額145,180円)
(遺族基礎年金+遺族厚生年金)
子ども1人の期間 年額1,003,600円(月額83,633円)
(遺族基礎年金)
年額1,517,855円(月額126,488円)
(遺族基礎年金+遺族厚生年金)
※子どもが全員18歳到達年度の末日を迎えた妻は、子どものいない妻と同様の扱いになる。
子どものいない妻 妻が65歳未満の期間
(夫死亡時に妻が40歳未満の場合)
なし※ 年額514,255円(月額42,855円)
(遺族厚生年金)
妻が65歳未満の期間
(夫死亡時に妻が40〜64歳の場合)
なし※ 年額1,098,755円(月額91,563円)
(遺族厚生年金+中高齢寡婦加算)
妻が65歳以降の期間 年額779,300円(月額64,941円)
(妻の老齢基礎年金)
年額1,293,555円(月額107,796円)
(遺族厚生年金+妻の老齢基礎年金)

※国民年金への加入期間(うち、自営業者などの第1号被保険者として保険料を払った期間と免除された期間の合計)、結婚していた期間とも10年以上ある夫が死亡した場合、妻は60歳以降、65歳になるまで「寡婦年金」(夫が受け取るはずの老齢基礎年金の4分の3・年額で最高58.4万円)を受け取れることがあります。

注:
  1. 子どもは18歳到達年度の末日までの子どもの他に、20歳未満で1級・2級の障害状態にある子どもも含む。
  2. 「死亡当日、生計を維持されていた」と認められるためには、遺族の年収が850万円(または所得655.5万円)未満であることが必要。
  3. 中高齢の寡婦加算は、末子の18歳到達年度末日に妻が40〜64歳のときも加算される。

計算条件

(1) 遺族厚生年金は死亡した会社員・公務員などの平均標準報酬額を41.7万円(平均年収500万円÷12月)、加入期間25年(300月)として計算。なお、年金額の計算上、賞与を含まない総報酬制導入前(平成15年3月まで)は、平均標準報酬月額32.1万円として計算(賞与分は全月給の30%として除外)
(2) 妻は40年間国民年金に加入し、老齢基礎年金を満額受給するものとして計算
(3) 遺族厚生年金には経過的寡婦加算は含まない

夫が受け取る遺族年金

<父子家庭も遺族基礎年金が受け取れます>

2014年3月まで、遺族基礎年金を受給できるのは「子どものいる妻」か「子ども」に限られていました。夫は受給できなかったわけですが、この男女差を解消するため、「子どものいる妻」が「子どものいる配偶者」に変更され、2014年4月から父子家庭も遺族基礎年金を受給できるようになりました。

☆ただし、妻の死亡が2014年4月以降の場合に限られますので、それより前に既に父子家庭であった場合には、遺族基礎年金は受給できません。

なお、遺族厚生年金は従来と同様、子どものいない夫も受給できますが、年齢条件があります。

 夫が受け取る遺族年金

△…遺族厚生年金は、妻の死亡時に55歳以上の夫に支給されるが60歳までは支給停止。
ただし、遺族基礎年金を受け取れる夫(子どものいる夫)で妻の死亡時に55歳以上の場合は、60歳までの支給停止は行われず、60歳前でも遺族厚生年金を受け取れる。
なお、夫が遺族基礎年金しか受け取れない場合、遺族厚生年金は子どもが受け取れる。

注:
  1. 「死亡当時、生計を維持されていた」と認められるための遺族の年収850万円(または所得655.5万円)未満という基準は変わらない。
  2. 子どもとは、18歳到達年度の末日までの子ども、または20歳未満で1、2級の障害状態にある子ども。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ