生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 老後 >老齢年金の繰上げ・繰下げ受給について知りたい

老齢年金の繰上げ・繰下げ受給について知りたい

繰上げは早くもらう分減額に、繰下げは遅くもらう分増額に

老齢年金は原則、65歳から受け取れます。
しかし、早く年金を受け取りたい人は最大60歳まで1カ月単位で繰り上げることができます。逆に遅らせてもいい人は66歳以降、最大70歳まで1カ月単位で繰り下げることができます。
繰り上げる場合は早くもらう分、1カ月につき0.5%減額(60歳0カ月まで繰り上げると30%減額)になります。
一方、繰り下げる場合は遅くもらう分、1カ月につき0.7%増額(70歳0カ月まで繰り下げると42%増額)になります。
※60歳の誕生月(誕生日が1日の人は前月)に手続きをすると、「60歳0か月」の繰上げとなります。


「繰上げ」は1カ月あたり0.5%減額

以下は、65歳から老齢年金の受取りが始まる人の場合です。
老齢基礎年金、老齢厚生年金ともに、「いつから前倒しで受け取るか」に応じて、次の表の減額率で年金額が決まります。
例えば、65歳から年額60万円(月額5万円)の老齢基礎年金を受け取れる人が60歳0カ月または63歳0カ月へ繰り上げる場合、
【60歳0カ月に繰上げ】減額率は30%(受取りは70%) 年金額は42万円(月額3.5万円)
【63歳0カ月に繰上げ】減額率は12%(受取りは88%) 年金は52.8万円(月額4.4万円) 
となります。
※生年月日によっては、経過的に60歳代前半の老齢厚生年金を受け取れますが、これは繰上げではありません。

  • 生年月日ごとの老齢厚生年金の受給開始年齢はこちら

繰り上げる時期ごとの減額率(繰上げ1カ月あたり0.5%)

請求時の年齢 0カ月 1カ月 2カ月 3カ月 4カ月 5カ月 6カ月 7カ月 8カ月 9カ月 10カ月 11カ月
60歳 30.0 29.5 29.0 28.5 28.0 27.5 27.0 26.5 26.0 25.5 25.0 24.5
61歳 24.0 23.5 23.0 22.5 22.0 21.5 21.0 20.5 20.0 19.5 19.0 18.5
62歳 18.0 17.5 17.0 16.5 16.0 15.5 15.0 14.5 14.0 13.5 13.0 12.5
63歳 12.0 11.5 11.0 10.5 10.0 9.5 9.0 8.5 8.0 7.5 7.0 6.5
64歳 6.0 5.5 5.0 4.5 4.0 3.5 3.0 2.5 2.0 1.5 1.0 0.5

【繰上げについて知っておきたいこと・気を付けたいこと(例)】

  • 繰上げの請求後に取消しや修正はできず、一度決まった減額率による年金を受け取り続けます。
  • 遺族年金や障害年金を受け取れる場合、65歳になるまでは繰り上げた老齢年金といずれか1つを選択します(併給できません)。
    65歳以降は、一定の範囲内で併給できます。
  • 老齢基礎年金を繰上げ受給している妻は、寡婦年金を受け取れません。寡婦年金を受給中の妻が老齢基礎年金の繰上げを請求すると、寡婦年金は終了します。
    ※寡婦年金は、自営業者など(第1号被保険者)として国民年金保険料を10年以上納付し、かつ、婚姻期間が10年以上ある夫が死亡した場合、妻が60歳から65歳になるまで受け取れる年金です。
  • 受給権発生後の障害では原則、障害年金を受け取れません。
  • 繰上げ請求すると国民年金に任意加入できません。また、保険料免除や納付猶予を受けた期間の追納もできなくなります。
  • 老齢基礎年金と老齢厚生年金は、セットで同時に繰り上げます。
  • 老齢基礎年金とともに付加年金を受け取れる場合、付加年金も同じ率で減額されて受取りが始まります。
    ※付加年金は、月額400円の付加保険料を納めていると、「200円×その納めた月数」を受け取れるものです。
  • 老齢厚生年金(報酬比例部分)に加給年金が付く場合、加給年金は繰り上がらず本来の加算時期から付きます。
  • 老齢基礎年金に振替加算が付く場合、振替加算は繰り上がらず本来の加算時期から付きます。

「繰下げ」は1カ月あたり0.7%増額

老齢基礎年金、老齢厚生年金ともに、「66歳以降、いつまで受取開始を遅らせるか」に応じて、次の表の増額率で年金額が決まります。
例えば、65歳から年額60万円(月額5万円)の老齢基礎年金を受け取れる人が66歳0カ月または70歳0カ月へ繰り下げる場合、
【66歳0カ月へ繰下げ】増額率は8.4% 年金額は65.04万円(月額5.42万円)
【70歳0カ月へ繰下げ】増額率は42% 年金額は85.2万円(月額7.1万円) 
となります。


繰り下げる時期ごとの増額率(繰下げ1カ月あたり0.7%)

手続き時の年齢 0カ月 1カ月 2カ月 3カ月 4カ月 5カ月 6カ月 7カ月 8カ月 9カ月 10カ月 11カ月
66歳 8.4 9.1 9.8 10.5 11.2 11.9 12.6 13.3 14.0 14.7 15.4 16.1
67歳 16.8 17.5 18.2 18.9 19.6 20.3 21.0 21.7 22.4 23.1 23.8 24.5
68歳 25.2 25.9 26.6 27.3 28.0 28.7 29.4 30.1 30.8 31.5 32.2 32.9
69歳 33.6 34.3 35.0 35.7 36.4 37.1 37.8 38.5 39.2 39.9 40.6 41.3
70歳 42.0                      

【繰下げについて知っておきたいこと・気を付けること(例)】

  • 65歳からの老齢基礎年金、老齢厚生年金が繰下げの対象です。生年月日によって経過的に受け取れる60歳代前半の老齢厚生年金を繰り下げて増額することはできません。
  • 66歳になる前に遺族厚生年金、障害厚生年金などの受給権を得た人は、繰下げができません。
    ※例外:障害基礎年金の受給権者は、老齢厚生年金を繰り下げることができます。
  • 66歳以降に遺族年金、障害年金の受給権者となった人は、その受給権取得後に繰下げをすると、繰り下げは遺族年金などの受給権取得時にさかのぼって繰り下げたことになります。
  • 繰下げの手続き後に取消しや修正はできず、一度決まった増額率による年金を受け取り続けます。
  • 65歳を超えて老齢年金の受給資格期間を満たした人は、その時点から1年経過後に繰下げをすることができます。
  • 老齢基礎年金と合わせて付加年金を受け取れる場合、付加年金も繰り下げとなり同率で増額されます。
    ※付加年金は、月額400円の付加保険料の納付歴がある場合、「200円×その納めた月数」を受け取れるものです。
  • 老齢厚生年金に加給年金が付く場合、加給年金は繰り下げた時点から増額されずに付きます。
  • 老齢基礎年金に振替加算が付く場合、振替加算は繰り下げた時点から増額されずに付きます。
  • 老齢厚生年金、老齢基礎年金を同時に繰り下げるほか、一方だけを繰り下げたり、別々に繰り下げることもできます。
  • 老齢厚生年金については、「在職老齢年金」によって年金額が調整(減額)されるはずの部分は、繰り下げても増額の対象外です(年金額に在職老齢年金を受け取る間の平均支給率を乗じた金額に対して、増額率を乗じて増額されます)。
  • 66歳になる前に受け取る手続きをしていない場合、「繰り下げ」か「65歳にさかのぼって受け取り(5年の時効で受け取れない分を除く)」を選択できます。後者を選ぶと、65歳から受給開始までの分はまとめて一時金、手続き以降の分は増額されない年金となります。
  • 繰り下げの手続き前に亡くなると、一定の遺族が65歳からの本来の年金合計額を請求・受け取ります。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ