生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 介護 > 介護や支援が必要な人の割合はどれくらい?

介護や支援が必要な人の割合はどれくらい?

80歳代前半は約3割、後半以降は6割超

長寿社会では「介護」は誰にでも、どの家庭にも起こり得るすべての人の課題です。長寿社会を安心して生きていくためには、「老後保障」とともに将来起こり得る「介護保障」も視野に入れることが大切です。

要介護者の発生率は、40〜64歳では0.4%、65〜69歳では3.0%ですが、加齢とともに急速に高まり、80〜84歳では29.9%、85歳以上では60.3%となっています。

年代別人口に占める要支援・要介護認定者の割合

40〜64歳、0.4%。65〜69歳、3.0%。70〜74歳、6.4%。75〜79歳、14.0%。80〜84歳、29.9%。85歳以上、60.3%。

厚生労働省「介護給付費実態調査月報(平成27年7月審査分)」
総務省「人口推計(平成27年7月確定値)」

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ