「生涯未婚率」というのは何のこと?

50歳の人で結婚経験があるかどうかの指標

生涯未婚率というのは、「45〜49歳」と「50〜54歳」未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したものです。生涯を通して未婚である人の割合を示すものではありません。

ただし50歳で未婚の人は、将来的にも結婚する予定がないと考えることもできることから、生涯独身でいる人がどのくらいいるかを示す統計指標として使われます。

20%を超えた男性の生涯未婚率

国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集(2014年)」によると、2010年の生涯未婚率は男性が20.14%、女性は10.61%でした。特に男性は2005年と2010年の調査を比べると、約4ポイントも上昇しています。

また今後は、晩婚化(結婚の遅れ)や非婚化(生涯結婚しない人)の増加により、この数値がさらに高くなることが予想されます。これは現在日本が抱えている少子化問題の直接的な原因にもなっています。

性別生涯未婚率

年次
1965年 1.50% 2.53%
1970年 1.70% 3.34%
1975年 2.12% 4.32%
1980年 2.60% 4.45%
1985年 3.89% 4.32%
1990年 5.57% 4.33%
1995年 8.99% 5.10%
2000年 12.57% 5.82%
2005年 15.96% 7.25%
2010年 20.14% 10.61%

<国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2014)」>

未婚化・晩婚化が進むニッポン社会

年齢階級別の未婚率の推移をみても、ほとんどの層で未婚率が上昇し、日本人の未婚化・晩婚化が進んでいることがわかります。

年齢階級別未婚率

未婚率。男性。25から29歳、1970年46.5%、75年48.3%、80年55.2%、85年60.6%、90年65.1%、95年67.4%、2000年69.4%、05年71.4%、10年71.8%。30から34歳、1970年11.7%、75年14.3%、80年21.5%、85年28.2%、90年32.8%、95年37.5%、2000年42.9%、05年47.1%、10年47.1%。35から39歳、1970年4.7%、75年6.1%、80年8.5%、85年14.2%、90年19.1%、95年22.7%、2000年26.2%、05年31.2%、10年35.6%。女性。25から29歳、1970年18.1%、75年20.9%、80年24.0%、85年30.6%、90年40.4%、95年48.2%、2000年54.0%、05年59.1%、10年60.3%。
30から34歳、1970年7.2%、75年7.7%、80年9.1%、85年10.4%、90年13.9%、95年19.7%、2000年26.6%、05年32.0%、10年34.5%。35から39歳、1970年5.8%、75年5.3%、80年5.5%、85年6.6%、90年7.5%、95年10.1%、2000年13.9%、05年18.7%、10年23.1%。

<総務省「国勢調査」/平成22年>

メールマガジン登録受付

(公財)生命保険文化センターでは、毎月2回メールマガジンを定期的に発行し、 生命保険に関する基礎的な情報をお届けしています。

お申込みはこちらから

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ