生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

いまどきの結婚年齢はどれくらい?

ますます高くなる女性の初婚年齢

国立社会保障・人口問題研究所の「出生動向基本調査」によると、夫妻の平均初婚年齢は夫が29.8歳、妻が28.5歳となっています。特に女性における晩婚化の傾向が顕著で、1987年と比較して夫が1.6歳高くなったのに対し、妻は3.2歳高くなっています。また結婚に至るまでの交際期間は2.5年から4.3年に伸びている一方、夫婦の年齢差は2.9歳から1.3歳へ短縮しています。

調査別にみた、平均初婚年齢、平均交際期間、夫婦の平均年齢差

調査(調査年次) 平均初婚年齢 平均交際期間 夫婦平均年齢差
第9回調査(1987年) 28.2歳 25.3歳 2.5年 2.9歳
第10回調査(1992年) 28.3歳 25.7歳 2.9年 2.6歳
第11回調査(1997年) 28.4歳 26.1歳 3.4年 2.4歳
第12回調査(2002年) 28.5歳 26.8歳 3.6年 1.7歳
第13回調査(2005年) 29.1歳 27.4歳 3.8年 1.7歳
第14回調査(2010年) 29.8歳 28.5歳 4.3年 1.3歳

<国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査」/2010年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ