トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > ライフイベントから見る生活設計 > 教育 > 大学受験から入学までにかかる費用はどれくらい?

大学受験から入学までにかかる費用はどれくらい?

私立大学の受験料は3万〜3万5千円が相場

受験費用としては、「願書受付」の費用と「受験料」があげられます。募集要項(願書)は、国立大学は全て「無料」、公立大学もほとんどが「無料」、私立大学は「1,000円〜1,500円」程度のところが多いようです。

また受験料は、センター試験が18,000円(3教科以上受験の場合)、国公立大学の2次試験が17,000円、私立大学受験料(医歯学部等除く)は30,000〜35,000円が多くなっています。

大学の受験料(2016年度 入学者選抜)

センター試験(3教科以上受験) 18,000円
センター試験(2教科以下受験) 12,000円
国公立大2次試験(注) 17,000円
私立大(医歯学部等除く) 30,000〜35,000円程度
注:夜間生、フレックスなどコースによっては10,000円の場合もある。

受験から入学までの費用は、自宅外通学者で約214万円

受験費用のほかに遠方の大学を受験する場合、交通費や宿泊費が必要になります。東京私大教連の「私立大学新入生の家計負担調査」によると、受験費用(受験料・交通費・宿泊費)は、自宅通学者が平均229,000円なのに対し、自宅外通学者は平均252,600円となっています。

また、自宅外通学者の場合、受験から入学までに要した費用(受験費用、家賃、敷金・礼金、生活用品費、初年度納付金)の総額は、平均約214万円となっています。

受験から入学までの費用(住居別)

  自宅外通学 自宅通学
受験費用 252,600 229,000
家賃 61,600
敷金・礼金 205,800
生活用品費 305,500
初年度納付金(注) 1,312,526 1,312,526
合計 2,138,026 1,541,526

注:初年度納付金は文部科学省「平成25年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人あたり)」による。
<東京私大教連「私立大学新入生の家計負担調査」/2014年度>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ