生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜

熊本地震により被災された皆様へ

大学生にかかる教育費はどれくらい?

国公立・私立、自宅・下宿により教育費に開き

大学生にかかる教育費は、国公立か私立か、自宅通学か下宿かなどによって大きな差があります。
国立大学で自宅通学の場合の教育費は4年間で平均約524万円ですが、下宿の場合は約814万円となっています。

私立文系の場合は、自宅通学で約684万円、下宿で約954万円、私立理系の場合は、自宅通学で約819万円、下宿で約1,089万円となっています。
私立大学の場合は、文系か理系かなどによってもかかる費用に差があります。

大学生の教育費総額(平成26・27年度)

大学生の教育費総額。国立。自宅(4年)523.6万円。下宿(4年)814.4万円。私立文系。自宅(4年)683.6万円。下宿(4年)953.6万円。私立理系。自宅(4年)818.8万円。下宿(4年)1,088.8万円。私立家政・芸術・体育・保健科。自宅(4年)783.8万円。下宿(4年)1,053.8万円。私立医歯系。自宅(6年)2,485.1万円。下宿(6年)2,867.6万円。私立短大。自宅(2年)356.8万円。下宿(2年)496.6万円。

注:

1. 日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」(平成27年度)、文部科学省「私立大学等の平成26年度入学者に係る学生納付金等調査結果」、「文部科学省令」、日本学生支援機構「学生生活調査結果」(平成26年度)をもとにセールス手帖社保険FPS研究所が試算。

2. 試算にあたっては、上記調査から受験関係費用、入学料、自宅外通学を始めるための費用(下宿の場合のみ)、年間の費用(授業料、生活費)を使用。

<セールス手帖社保険FPS研究所「ライフプランデータ集」/2017年版>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ